石川の旨い名物が食べたい!石川県の名物ご当地グルメ15選

0

石川の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?石川には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、石川県民にお馴染みのお菓子など、石川自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、石川県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

石川名物を食べる!伝統の郷土料理

1. かぶら寿司

photo by 石川県観光連盟

「かぶら寿司」とは、かぶらの間に、塩漬けにした寒ブリをはさみこみ、米糀に漬け込んで発酵させたもの。酢飯を使った寿司ではなく、なれ寿司の一種で、江戸時代より金沢で食されてきた伝統食です。もともと、ハレの日や正月料理として、各家庭で作られてきた料理で、ブリのほか、サバを使用する地域もあるんだそう。米糀で発酵・熟成されることで、芳醇な香りとまろやかな旨味が生まれる、金沢の冬を代表する郷土料理です。

取扱店 四十萬谷本舗(金沢市)、かばた(金沢市)、高木糀商店(金沢市)ほか
HP 四十萬谷本舗かばた高木糀商店

 

2. ノドグロ料理

photo by 石川県観光連盟

石川県の海の幸といえば、「白身のトロ」とも称される高級魚・ノドグロ。白身魚でありながら、上品な脂のりが特徴です。輪島・能登沖が主な産地として知られていますが、金沢には、県内で水揚げされた上質なノドグロが集まってきます。通年獲れる魚ですが、旬を迎える秋から冬の時期が絶品!握り寿司や塩焼き、しゃぶしゃぶなど、様々な調理法でノドグロを堪能できます。

取扱店 のど黒めし本舗 いたる(金沢市)、のどぐろ総本店 和倉(七尾市)、のどぐろ旬菜 みのりや(金沢市)ほか
HP のど黒めし本舗 いたるのどぐろ旬菜 みのりや

 

3. カニ料理

photo by 石川県観光連盟

石川県の冬の味覚といえば、カニ料理です!石川県のブランドガニ「加能(かのう)ガニ」は、加賀と能登の頭文字をとって名づけられたオスのズワイガニで、青色の証明タグが取り付けられています。甘みのある身がぎっしり詰まっており、濃厚なカニ味噌は絶品です!メスの「香箱(こうばこ)ガニ」は、オスより小さめながら、味が濃厚で、リーズナブル。内子(カニの卵巣)と外子(お腹の外側についている卵)も堪能でき、地元では好んで食べる人も多いそう。「加能(かのう)ガニ」の漁期は、11月初旬から3月中旬、「香箱(こうばこ)ガニ」は、11月上旬~12月下旬までとなっています。茹でガニや刺身、しゃぶしゃぶなど、調理法もさまざま。冬の石川県で、カニ尽くしの旅もいいですね!

photo by 石川県観光連盟

取扱店 加賀料理 大名茶家(金沢市)、高崎屋(金沢市)、海鮮市場料理 市の蔵(金沢市)ほか
HP 加賀料理 大名茶家高崎屋近江町・海鮮市場料理 市の蔵

 

4. 治部煮

photo by 石川県観光連盟

「治部煮」とは、鴨肉(または鶏肉)、麸(ふ)、里芋、シイタケなどを醤油ベースのダシで煮て、とろみをつけた椀物。特産の加賀野菜なども用いられ、わさびを添えるのが一般的です。江戸時代にキリスト教の宣教師が考案した説や、豊臣秀吉の兵糧奉公であった岡部治部右衛門が朝鮮から持ち帰った説、鍋で「じぶじぶ」煮るからなど、諸説あるんだそう。全国的にも知られる加賀料理を代表する料理で、結婚式などの祝いの膳には欠かせない一品。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、かぶら寿司とともに紹介されている石川を代表する郷土料理でもあります。

取扱店 いしや(金沢市)、壺屋壷亭(金沢市)、料理旅館 金沢茶屋(割烹つづみ) (金沢市)ほか
HP いしや壺屋壷亭料理旅館 金沢茶屋
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る