【日本の絶景】思わず見惚れる!大地を彩る絶景3選。

0

ファーム富田「彩りの畑」(北海道)

北海道中富良野町にある「ファーム富田」には7月中旬から下旬にかけて、まるで大地に虹を描いたような花畑が生まれます。紫のラベンダー、白のかすみ草、赤のポピー、ピンクの小町草など7色の花々がゆるやかな丘にボーダー状に咲く誇ります。

20140610-18-1©ファーム富田

20140610-18-2©ファーム富田

20140610-18-3©ファーム富田

名称 ファーム富田
住所 北海道空知郡中富良野町基線北15号
電話 0167-39-3939
料金 無料
HP ファーム富田HP 

 

国営ひたち海浜公園「ネモフィラ」(茨城県)

国営ひたち海浜公園にある「ネモフィラの丘」には3.5ヘクタールの広さの丘に約450万本のネモフィラの花が所狭しと植えられています。春になると一斉に青色の花を咲かせ、空・海・丘の境界線が分からなくなる程に丘一面をブルーに染め上げます。

20140610-18-4©flickr/temaki

20140610-18-5©flickr/ptrktn

20140610-18-6©flickr/temaki

名称 国営ひたち海浜公園
住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話 029-265-9001
時間 9:30~17:00(3/1~7/20)
料金 大人(15歳以上)410円、シルバー(65歳以上)210円、小人(小中学生)80円、幼児(6歳未満)無料
HP 国営ひたち海浜公園HP

 

能登半島輪島「白米千枚田」 (石川県)

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は石川県輪島市に作られた棚田で、1004枚の小さな田が幾何学模様を描き、日本海へ向かって広がっています。日本で初めて世界農業遺産として認定された「能登の里山里海」の代表的な景観の1つとしても知られています。春から夏にかけて、日本海へ沈む夕陽と白米千枚田のコントラストが見事です。

20140610-18-7©flickr/Ryoichi Tanaka

20140610-18-8©南志見活性化事業組合 食彩工房

20140610-18-9©南志見活性化事業組合 食彩工房

名称 能登半島輪島「白米千枚田」
住所 石川県輪島市白米町八部99-4
電話 0768-23-1146
HP 食彩工房HP

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る