美味い鹿児島名物を食べてって!鹿児島県の名物ご当地グルメ15選

0

鹿児島の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?鹿児島には、鹿児島ブランドのお肉や海の幸を生かした郷土料理、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、鹿児島県民にお馴染みのお菓子など、鹿児島自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、鹿児島県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

鹿児島名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 黒豚料理

photo by 鹿児島県観光連盟

「かごしま黒豚」は、約400年前に、島津家が琉球から移入した豚がルーツとされています。特産のさつまいもを餌に入れて育てられた黒豚は、肉の旨味・甘みが増し、歯切れの良い柔らかな肉質が特徴です。黒豚料理は、鹿児島を代表する名物。黒豚の美味しさを知り尽くす本場・鹿児島には、県内外から、食通が足しげく通う有名店も。しゃぶしゃぶやとんかつ、黒豚の角煮など、多彩な黒豚料理を堪能できます。

photo by 鹿児島県観光連盟

取扱店 黒かつ亭(鹿児島市)、黒豚料理 寿庵(鹿児島市)、かごしま黒豚 六白亭(ろっぱくてい)(鹿児島市)
HP 黒かつ亭黒豚料理 寿庵かごしま黒豚 六白亭

 

2. きびなご料理

photo by 鹿児島観光コンベンション協会

「きびなご」は、銀色の青縞模様を持つニシン科の小魚で、古くから県全域で獲れることから、鹿児島で多く食されてきました。きびなごは、非常にデリケートなため、市場に出回るのが難しい魚ですが、鹿児島県は、新鮮なきびなごが食べられる数少ない地域の1つです。きびなごの刺身を菊の花に見立てて盛りつけられる「菊花造り」は、もてなし料理の代表格!鹿児島の郷土料理には欠かせない素材で、塩焼きや天ぷら、煮付けなど、様々な料理で楽しめる鹿児島を代表する名物です。

photo by 鹿児島県観光連盟

取扱店 熊襲亭(クマソテイ)(鹿児島市)、郷土料理さつま路(鹿児島市)、酒味の店 白鹿(鹿児島市)ほか
HP 熊襲亭郷土料理さつま路酒味の店 白鹿

 

3. さつまあげ(つけあげ)

photo by 鹿児島観光コンベンション協会

「さつまあげ(つけあげ)」は、近海で獲れた魚をすり身にして、地酒や砂糖などで味付けし、油で揚げた鹿児島を代表する名物です。全国的には「さつまあげ」の名で知られていますが、鹿児島県では、「つけあげ」と呼ばれています。琉球料理「チキアーギ」がルーツという説や薩摩藩主・島津斉彬公が紀州はんぺんや蒲鉾をもとに作らせたという説も。鹿児島では、タコやイカなどの魚介類や、チーズやうずらの卵を入れたものまで、バラエティ豊かなさつまあげが販売されています。

取扱店 揚立屋、有村屋、月揚庵ほか
HP 揚立屋有村屋月揚庵

 

4. 鶏飯(けいはん)

photo by 鹿児島県観光連盟

「鶏飯(けいはん)」は、昭和天皇も絶賛したという奄美大島の郷土料理。ご飯の上に鶏肉、錦糸卵、椎茸などをのせ、旨味たっぷりの鶏だしスープを注いでいただきます。江戸時代に、奄美諸島一帯を治めていた薩摩藩の役人を贅沢にもてなす、おもてなし料理としてだされていたそう。パパイヤの漬物を具材として盛りつけ、地鶏のスープであっさりと食べる、いかにも南国らしい料理です。

photo by 鹿児島県観光連盟

取扱店 みなとや(奄美市)、けいはん ひさ倉(奄美/龍郷町)、地鶏の鶏膳(鹿児島市)ほか
HP みなとやけいはん ひさ倉地鶏の鶏膳
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る