春夏秋冬訪れたい日本の名所!ついに国宝へ!島根県の『松江城』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第21弾として、四季を通じて美しい表情を見せる島根県の「松江城」をご紹介します。

松江城(まつえじょう)

20150529-375-14©島根県観光連盟

初代・松江藩主の堀尾吉晴によって慶長16年(1611年)に築城された「松江城」。全国に12しかない現存天守を有する城の1つで、歴史的に大変貴重な建造物です。2012年に築城時期を記した2枚の祈祷(きとう)札が発見されたことが決め手になり、島根県民の悲願であった国宝指定へと繋がりました。

20150529-375-9©島根県観光連盟

20150529-375-4©flickr/yy

20150529-375-6©flickr/jpellgen

 天守閣は5層6階で高さ約30mの望楼式、黒塗りの下見板張りの外壁で、桃山時代の重厚で雄大な特徴を残しています。5層の天守閣を残すのは、姫路城、松本城と松江城だけです。

20150529-375-19©flickr/Travis

20150529-375-13©島根県観光連盟

天守閣内には、武具や古文書など貴重な資料を見学することができ、最上階の望楼からは松江の街並みが一望できます。

20150529-375-3©flickr/Dao-hui Chen

20150529-375-2©flickr/Dao-hui Chen

20150529-375-5©flickr/Travel-Picture

松江城の春夏秋冬の風景

【春】日本さくら名所100選にも選ばれた桜の名所。満開の時期にはソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラなどが咲き誇り、夜にはボンボリが灯り、夜桜に風情を添えます。

20150529-375-8©島根県観光連盟

20150529-375-17©島根県観光連盟

【夏】夏の青空に映える天守閣。威厳を感じさせます。

20150529-375-7©島根県観光連盟

【秋】毎年、初秋頃に開催される「松江水燈路」。松江城周辺をライトアップする光のイベントで、光と影が織りなす幻想的な風景を楽しむことができます。

20150529-375-11©島根県観光連盟

20150529-375-12©島根県観光連盟

【冬】雪化粧した松江城。冬色に染まる黒塗りの松江城も風情があります。

20150529-375-15©島根県観光連盟

MEMO

名称 松江城(まつえじょう)
住所 島根県松江市殿町1-5
時間 登閣時間 8:30~18:30(10月1日~3月31日は17:00まで)
料金 登閣料 一般:560円、小・中学生:280円
電話 0852-21-4030 (松江城山公園管理事務所)
HP 松江城

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る