絶景!梅が満開!早春の偕楽園で『水戸の梅まつり』

0

偕楽園(かいらくえん)

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つ、茨城県水戸市の「偕楽園」。天保13年(1842)、水戸藩第9代藩主徳川斉昭により、領民の休養の場所として開園。領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいとの願いで「偕楽園」と名付けられた日本を代表する庭園です。

20160214-645-20photo by 偕楽園

20160214-645-21photo by 偕楽園

水戸の梅まつり

梅の名所として名高い「偕楽園」には、100種類3000本もの梅が植樹されています。毎年2月中頃から3月末にかけて「水戸の梅まつり」が開催され、全国から訪れる大勢の花見客で賑わいを見せます。

20160214-645-3photo by 茨城県観光物産協会

20160214-645-19photo by 偕楽園

20160214-645-11photo by 水戸観光協会

20160214-645-12photo by 水戸観光協会

2016年は2月20日(土)~3月31日(木)の開催で、120回目を迎える記念の年。梅まつり期間中の日曜日は観梅デーとして、野点茶会や野外琴の会なども催されます。

20160214-645-15photo by 水戸観光協会

20160214-645-13photo by 水戸観光協会

20160214-645-2photo by 偕楽園

 夜のライトアップは必見

梅の見ごろの時期にはライトアップが行われ、昼間とは違う幻想的な雰囲気の観梅を楽しむことができます。(2016年は3月4日~3月21日に開催)

20160214-645-7photo by 水戸青年会議所

20160214-645-6photo by 水戸青年会議所

特に、一夜限りの特別イベント「夜・梅・祭(よるうめまつり)」は必見。数千個ものキャンドルが園内を幻想的に彩り、フィナーレには、壮大な花火が打ち上げられ、夜の梅、キャンドルの灯り、壮大な花火の共演を楽しむことができます。(2016年は3月15日に開催)

20160214-645-16photo by 水戸観光協会

20160214-645-4photo by 茨城県観光物産協会

20160214-645-17photo by 水戸観光協会

偕楽園は入園無料。「水戸の梅まつり」や「夜・梅・祭(よるうめまつり)」なども無料で参加できますので、早春の訪れを感じに偕楽園へ訪れてみてはいかがでしょうか?

名称 偕楽園(かいらくえん)
住所 茨城県水戸市常磐町1-3-3
HP 偕楽園

 

茨城県へ行くプランを探してみる

20160214-645-3 水戸市(茨城県)の宿を探す(じゃらん) 『水戸市(茨城県)の宿』プラン比較
20160214-645-17 茨城県へのツアーを探す(じゃらん) 『茨城県へのツアー』プラン比較

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る