宮城の旨い名物が食べたい!宮城県の名物ご当地グルメ10選

0

宮城の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?宮城県には、太平洋の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、宮城県民にお馴染みのお菓子など、宮城自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、宮城県の名物ご当地グルメを10個、ご紹介します。

宮城名物を食べる!伝統の郷土料理

1. はらこ飯

photo by 宮城県観光課

「はらこ飯」は、鮭の切身を醤油・みりんなどの調味料で煮込んだ後、その煮汁でご飯を炊き込み、炊いたご飯の上に、鮭の切身といくらを盛りつけた家庭料理。古くから、阿武隈川に上がってくる鮭漁が盛んだった亘理町荒浜に伝わる郷土料理です。かつて、この地を訪れた伊達政宗公も、その美味しさを絶賛したと言われています。阿武隈川の秋鮭が旬を迎える秋の味覚として親しまれている名物料理です。

取扱店 旬魚・鮨の店 あら浜 亘理店(亘町)、和風レストラン 田園(亘町)、おしか商店(亘町)ほか
HP 旬魚・鮨の店 あら浜和風レストラン 田園おしか商店

 

2. 牛タン焼き

photo by 宮城県観光課

宮城・仙台を代表する名物グルメといえば、「牛タン焼き」ですね。昭和23年、「味太郎」の初代店主・佐野啓四郎氏が、仙台市内で牛タン焼きの専門店を始め、その美味しさを全国に広めたのがきっかけです。現在、仙台市内には、有名店から行列のできる人気店まで、牛タン専門店が100店舗以上も点在していると言われています。名店の味を食べ比べしてみるのも楽しいですね!

photo by 宮城県観光課

取扱店 牛たん炭焼 利久仙台駅店(仙台市)、たんや善治郎 仙台駅前本店(仙台市)、伊達の牛たん本舗 本店(仙台市)ほか
HP 牛たん炭焼 利久たんや善治郎伊達の牛たん本舗

 

3. 白石温麺(うーめん)

photo by 宮城県観光課

「白石温麺(うーめん)」は、油を使わず、伝統の手延べ製法で作られた白石名物の麺料理。今から400年ほど前に、伊達藩白石城下に住む鈴木味右衛門が、旅の僧侶から消化の良い麺の製法を教わり、胃の病気で苦しむ父親のために、油不使用の麺を温かくして食べさせたところ、父親が全快したんだそう。その後、白石城主・片倉小十郎公がその孝行話を聞きつけ、「人を思いやる温かい心を持つ麺」という意味を込めて、「温麺(うーめん)」と名づけたと伝えられています。長さ約9cmと短く、素麺よりも一回り太いため、一般の素麺よりも食べやすく、麺の美味しさをより楽しめるのが特徴です。温めても冷やしても、炒めても美味しいことから、1年を通じて家庭でもよく食べられる白石名物です。

取扱店 白石うーめん処 なかじま(白石市)、味見処 光庵(白石市)、やまぶき亭(白石市)ほか
HP 白石うーめん処 なかじま味見処 光庵やまぶき亭
備考 奥州白石温麺組合

 

4. 牡蠣料理

photo by 宮城県観光課

日本三景の1つに数えられる名勝「松島」。日本屈指の牡蠣の名産地としても知られています。奥羽山脈から流れ出るミネラルなどの豊富な栄養素が松島湾へと流れ込み、身が大きく、引き締まった上質な牡蠣が育ちます。松島では、牡蠣が旬を迎える10月から3月にかけて、牡蠣小屋がオープンします。新鮮な殻付きの牡蠣を大きな鉄板で蒸し焼きにしていただくのが松島流。牡蠣小屋では、時間制限付きの食べ放題で提供されることが多く、旬の牡蠣を思いっきり食べれることから、行列ができるほど人気となっています。

photo by 宮城県観光課

取扱店 松島牡蠣小屋(松島町)、かき松島こうは(松島町)、松島 焼がきハウス(松島町)ほか
HP 松島牡蠣小屋かき松島こうは松島 焼がきハウス
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る