癒しの温泉宿!長湯温泉でおすすめの人気旅館7選

0

大分県竹田市に湧く「長湯温泉」。開湯は奈良時代初期頃と伝わる古湯で、藩政時代には、豊後岡藩主の御前湯も置かれた名湯です。温泉街の中心を流れる芹川沿いに老舗旅館や混浴露天風呂、公衆浴場が点在。泉質は、日本有数の炭酸泉で、すべての温泉施設が九州で初めて「源泉100%かけ流し」を宣言した人気の温泉地です。今回は、長湯温泉でおすすめの人気旅館を7つ、ご紹介します。

1. 御宿 友喜美荘

photo by yukimiso.com

photo by yukimiso.com

photo by yukimiso.com

photo by yukimiso.com

一日7組限定の隠れ宿「御宿 友喜美荘」。温泉街から少し離れた高台にある一軒宿です。客室は、全てがゆったりと寛げる和室。特に庭を一望できるデッキ付きの客室がおすすめです。料理は、豊後牛やエノハ(山女魚)、自家栽培の野菜など、季節の厳選素材を盛り込んだ創作和食会席。温泉は、ゆったりとした露天風呂と大浴場で、源泉かけ流しのお湯を堪能できます。

名称 御宿 友喜美荘(おんやどゆきみそう)
住所 大分県竹田市直入町長湯 7497-1
電話 0974-75-3000
HP 御宿 友喜美荘
地図 Googleマップ

 

御宿 友喜美荘 宿泊プラン

『御宿 友喜美荘』⇒ じゃらん 『御宿 友喜美荘』⇒ るるぶ

 

 

2. 長湯温泉 丸長旅館

photo by marucho-ryokan.com

photo by marucho-ryokan.com

photo by marucho-ryokan.com

photo by marucho-ryokan.com

創業明治41年の老舗旅館「丸長旅館」。一日6組限定、素朴な佇まいの日本旅館です。客室は、6畳から10畳の和室。木の温もりを感じる安らぎのお部屋となっています。料理は、エノハや豊後牛、地場野菜や山菜など、地元の季節の素材をとり入れた創作懐石。温泉は、高濃度の炭酸泉。3つの貸切風呂で人目を気にせずにゆっくりと湯浴みを楽しむことができます。

名称 長湯温泉 丸長旅館(まるちょうりょかん)
住所 大分県竹田市直入町大字長湯7995-2
電話 0974-75-2010
HP 丸長旅館
地図 Googleマップ

 

丸長旅館 宿泊プラン

『丸長旅館』⇒ じゃらん 『丸長旅館』⇒ るるぶ 『丸長旅館』⇒ 一休

 

 

3. 宿房 翡翠之庄~The Kingfisher resort~

photo by s-kawasemi.com

photo by s-kawasemi.com

photo by s-kawasemi.com

photo by s-kawasemi.com

長湯ダム湖の畔に佇む一軒宿「宿房 翡翠之庄~The Kingfisher resort~」。3万坪もの敷地に、茅葺の母屋を中心に離れが点在。非日常の癒しの空間が広がっています。客室は、長屋タイプの和室と、内湯付き離れや露天風呂付き離れ。それぞれ趣の異なる贅沢な造りとなっています。温泉は、高濃度炭酸泉の源泉100%かけ流し。露天風呂を備えた大浴場と貸切露天風呂などで湯あみを楽しむことができます。料理は、エノハや豊後牛、地場野菜、地元の平飼い卵など、旬の地のものを使った創作会席料理を味わうことができます。

名称 宿房 翡翠之庄(しゅくぼうかわせみのしょう)
住所 大分県竹田市直入町大字長湯7443−1
電話 0974-75-2300
HP 宿房 翡翠之庄
地図 Googleマップ

 

宿房 翡翠之庄 宿泊プラン

『宿房 翡翠之庄』⇒ じゃらん 『宿房 翡翠之庄』⇒ るるぶ

 

 

4. 長湯温泉 大丸旅館

photo by daimaruhello-net.co.jp

photo by daimaruhello-net.co.jp

photo by daimaruhello-net.co.jp

photo by daimaruhello-net.co.jp

大正6年創業の老舗旅館「大丸旅館」。与謝野晶子や大佛次郎など、多くの文人墨客も滞在した長湯温泉を代表する旅館です。客室は、日本旅館の伝統を感じさせる本館の和室と、大正ロマン溢れる別館の和室、洋室、和洋室を用意。料理は、豊後牛や久住豚、エノハなど、地場の味覚を盛り込んだ季節の会席料理。温泉は、露天風呂と大浴場、2つの家族風呂で、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。

名称 長湯温泉 大丸旅館(だいまるりょかん)
住所 大分県竹田市直入町大字長湯7992-1
電話 0974-75-2002
HP 大丸旅館
地図 Googleマップ

 

大丸旅館 宿泊プラン

『大丸旅館』⇒ じゃらん 『大丸旅館』⇒ るるぶ

 

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る