もらって嬉しい!奈良でおすすめの人気お土産20選

0

5. 本家菊屋 「御城之口餅(おしろのくちもち)」

photo by kikuya.co.jp

「本家菊屋」は、創業400年以上と、奈良県内では最も古い歴史をもつ老舗の和菓子店です。「御城之口餅(おしろのくちもち)」は、天正年間(1580年頃)に豊臣秀吉から御茶会用の菓子を、と命ぜられて作られたもの。自家製のつぶ餡を柔らかなお餅で包み込み、きな粉をまぶした餅菓子で、秀吉公が命名したと言われる銘菓。こだわりの国産材料を使用し、伝統製法により作られた老舗の逸品です。

取扱店 本店、近鉄百貨店 奈良店・橿原店、奈良三条通店、生駒店、奈良店、学園前店、西大寺駅中店、真美ヶ丘店の直営店舗
商品 御城之口餅: (税込)700円(6個入)、(税込)1,620円(15個入)、(税込)2,160円(20個入)
HP 本家菊屋 

 

6. 鹿野(ろくや) 「鹿の角バウムクーヘン」

photo by rokuya.co.jp

「鹿野(ろくや)」は、JR奈良駅から徒歩3分ほどの場所にあるバウムクーヘン専門店。お店人気No.1の「鹿の角バウムクーヘン」は、奈良公園の鹿の角をイメージした特製バウムです。新鮮な卵と純粋ハチミツなど、奈良県産の素材を使用し、1本焼き専用のオーブンで焼き上げています。鹿のイラストが描かれたキュートなパッケージもカワイイので、奈良土産としても人気のあるスイーツです。

photo by rokuya.co.jp

取扱店 鹿野(ろくや)奈良県奈良市油阪地方町5
電話 鹿野(ろくや)0742-24-0090
営業時間 鹿野(ろくや)9:30~20:30 年中無休
商品 鹿の角バウムクーヘン: (税込)1,300円
HP 鹿野(ろくや) 

 

7. 柿の専門 「郷愁の柿」

photo by a-kaki.com

「柿の専門」は、柿スイーツや加工品を製造する「奈良吉野いしい」が展開する柿の専門店です。「郷愁の柿」は、法蓮坊(ほうれんぼう)柿のつるし柿の中に、渋皮入りの栗あんを詰めたお菓子。法蓮坊(ほうれんぼう)柿は、奈良県旧西吉野村周辺で古くから栽培されてきた渋柿で、つるし柿作りとともに数百年もの間、守られていた柿です。「郷愁の柿」は、そんな法蓮坊(ほうれんぼう)柿の独特な渋みと上品な味わいの栗あんを融合させた風味豊かな和菓子。2013年には、観光庁が選定した「世界に通用する究極のお土産」の9品のうちの1つに選ばれたほどの逸品です。

取扱店 (三条通店)奈良県奈良市上三条町27-1 村田ビル1F (かきいろ JR奈良駅店)奈良県奈良市三条本町1-1 JR奈良駅ビエラ奈良2F
電話 (三条通店)0742-22-8835 (かきいろ JR奈良駅店)0742-25-3535
営業時間 (三条通店)10:00~19:00 水曜日定休 (かきいろ JR奈良駅店)10:00~21:00 年中無休
商品 郷愁の柿: (税込)270円(1個)、(税込)2,430円(9個入)
HP 柿の専門

 

8. 天極堂(てんぎょくどう) 「葛の里葛湯」

photo by kudzu.co.jp

「天極堂(てんぎょくどう)」は、1870年に創業した吉野本葛の老舗店です。吉野地方に伝わる吉野晒と呼ばれる製法で吉野本葛を精製しています。「葛の里葛湯」は、吉野本葛の上品な風味とほのかな甘みが身体に優しい人気の商品。独特なとろみが、体を温めてくれるので、寒い日にぴったりな飲み物です。プレーンのほか、抹茶・おしるこ・おろし生姜と定番4種類の味が楽しめます。葛湯を飲んで、ご自宅でほっこり癒されてみてはいかがでしょうか?

photo by kudzu.co.jp

取扱店 天極堂 奈良本店、橿原店、JR奈良駅店等の直営店舗
商品 葛の里葛湯: (税込)各389円(3個入)、(税込)983円(6個入)、(税込)1,631円(10個入)
HP 天極堂(てんぎょくどう)

 

9. 横田福栄堂 「鹿サブレ」

photo by yokotafukueido.com

「横田福栄堂」は、大和西大寺駅から徒歩10分ほどで、平城京跡の近くにあます。五徳みそや吉野葛など、奈良県産の素材を使用したお煎餅や和菓子が人気のお店。「鹿サブレ」は、奈良公園の鹿をモチーフにして作られた鹿の形のサブレです。サクサク食感が楽しめる優しい味わいのサブレで、奈良土産として人気の商品です。

photo by yokotafukueido.com

取扱店 (横田福栄堂)奈良県奈良市二条町1-3-17
電話 (横田福栄堂)0742-33-0418
商品 鹿サブレ: (税込)648円(8枚入)、(税込)1,080円(15枚入)
HP 横田福栄堂 
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る