もらって嬉しい!小田原でおすすめの人気お土産15選

0

東京から日帰りもできる人気の観光地「神奈川県小田原市」。小田原城を中心に城下町の面影を残す小田原市は、家族やカップルで楽しめる観光スポットやグルメスポットがたくさんあります。年間を通じて、多くの観光客が訪れる小田原には、歴史を感じさせる小田原銘菓や人気のスイーツ、小田原名産の蒲鉾など、バラエティ豊かなお土産が揃っています。今回は、小田原でおすすめの人気お土産を15個、ご紹介します。

お土産の定番!小田原の人気銘菓や話題のスイーツ

1. ういろう 「お菓子のういろう」

photo by city.odawara.kanagawa.jp

外郎(ういろう)家は、薬やお菓子を販売する室町時代から続く神奈川県最古の商家。もともと、「ういろう」とは、外郎家が作る薬のことを指し、その後、朝廷での外国信徒の接客に用いられたお菓子が「お菓子のういろう」と呼ばれるようになったそうです。「お菓子のういろう」は、米粉の蒸し菓子で、白砂糖・抹茶・小豆・黒砂糖・杏仁・栗の6種類あります。現在も、室町時代から受け継がれてきた伝統製法で作られています。

取扱店 (ういろう)神奈川県小田原市本町1-13-17
電話 (ういろう)0465-24-0560
営業時間 (ういろう)(月~土)10:00~17:00 水曜日、第3木曜日定休
商品 お菓子のういろう: (税込)756円(1棹)~
HP ういろう

 

2. 菜の花 「小田原うさぎ」

photo by nanohana.co.jp

「小田原うさぎ」は、うさぎの焼き印が可愛いバター入りのどら焼き。北海道十勝産の特別栽培の小豆や国産小麦、薬蜜のハチミツなど、厳選した材料を使用したこだわりのどら焼きです。少し温めて食べると、バターがとけて更に美味しくいただけます。贈答品やお土産に人気の商品です。

photo by nanohana.co.jp

取扱店 夢屋・菜の花(ラスカ小田原 1F)、和菓子 菜の花(ハルネ小田原 菜の花ヴィレッジ)、どらやき屋・菜の花、和菓子 菜の花 ダイナシティ店の直営店舗
商品 小田原うさぎ: (税込)1,200円(5ヶ入)、 (税込)2,380円(10ヶ入)
HP 菜の花

 

3. 小田原 伊勢屋 「片浦レモンの生ようかん」

photo by daifuku-iseya.com

「小田原 伊勢屋」は、昭和10年に創業。小田原の地で、3代続く老舗和菓子店です。「片浦レモンの生ようかん」は、小田原市片浦地区で栽培された低農薬の国産レモンを使用した手作りのようかんです。片浦レモンを数回アク抜きして、一晩水に浸した後、果汁・果肉・皮をまるごと丁寧に煮込んで仕上げています。爽やかなレモンの酸味と独特のほろ苦さが楽しめる一品で、「小田原セレクション2016」にも認定されている一品です。

photo by daifuku-iseya.com

取扱店 (伊勢屋 本店)神奈川県小田原市本町3-6-22 (ラスカ小田原店)神奈川県小田原市栄町1-1-9 ラスカ小田原 1F
電話 (伊勢屋 本店)0465-22-3378 (ラスカ小田原店)0465-24-7740
営業時間 (伊勢屋 本店)9:00~17:00 木曜日定休 (ラスカ小田原店)10:00~20:30 不定休(ラスカ小田原店に準ずる)
商品 片浦レモンの生ようかん: (税込)880円
HP 小田原 伊勢屋 

 

4. 一夜城ヨロイヅカファーム 「一夜城ロール」

photo by grand-patissier.info/ToshiYoroizuka

「一夜城ヨロイヅカファーム」は、日本を代表する有名パティシエ・鎧塚俊彦氏のお店。レストラン・パティスリー・ブーランジェリー・直売所の4つを兼ね揃えた店舗で、相模湾を一望できる絶好のロケーションにあります。「一夜城ロール」は、地元で採れたミカンを生地にもクリームにもたっぷり使用した、一夜城ヨロイヅカファーム限定のロールケーキ。蒲鉾をイメージして、殺菌効果の高い檜の木をロールケーキの下に敷いています。数量限定の商品なので、確実に購入するには、早めの時間帯に行くことをおススメします。

取扱店 (一夜城 Yoroizuka Farm)神奈川県小田原市早川1352-110
電話 (一夜城 Yoroizuka Farm)0465-24-3150
営業時間 (一夜城 Yoroizuka Farm)10:00~17:00 火曜日定休
商品 一夜城ロール: (税込)1,600円(1本)
HP 一夜城ヨロイヅカファーム
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る