もらって嬉しい!岡山駅エキナカでおすすめ人気お土産20選

0

2020年の岡山駅で人気のお土産を厳選紹介!岡山でお土産を買うなら、岡山の名品が揃う、岡山駅が断然おすすめです。岡山駅には、駅直結の駅ビル「さんすて岡山」をはじめ、新幹線ホーム売店、新幹線改札口には「おみやげ街道」、地下には「岡山一番街」など、お土産が買えるスポットが充実。定番の岡山銘菓や岡山名産のフルーツ、B-1グルメ、人気スイーツまで、バラエティ豊かなお土産が揃っています。そこで今回は、岡山駅エキナカでおすすめのお土産を20個、ご紹介します。

お土産の定番!岡山駅で人気の和菓子

はじめに、岡山駅で買える人気の和菓子をご紹介します。岡山駅には、お土産の定番として喜ばれる和菓子が目白押しです。

1. 大手饅頭伊部屋(いんべや) 「大手まんぢゅう」

20160509-701-4-okayama-station-omiyagephoto by ohtemanjyu.co.jp

「大手饅頭伊部屋(いんべや)」は、天保8年(1837)創業の老舗和菓子店。「大手まんぢゅう」は、創業以来、備前名物として愛されてきた岡山銘菓で、日本三大饅頭の1つに数えられています。北海道産小豆と特製白双糖で作ったこし餡を、岡山県産原料で作ったこだわりの甘酒を使った生地に包み、蒸し上げたお饅頭です。甘酒のコクとこし餡の甘さが良く合う、岡山伝統の味です。

20160509-701-5-okayama-station-omiyagephoto by ohtemanjyu.co.jp

取扱店 JR岡山駅構内KIOSK売店、おみやげ街道ほか
商品 大手まんぢゅう:(税込)864円(10個入)、(税込)1,296円(15個入)
HP 大手饅頭伊部屋

 

2. 廣榮堂(こうえいどう) 「元祖吉備団子(きびだんご)」

20160509-701-1-okayama-station-omiyagephoto by facebook/koueidouhonten

安政3年(1856年)に創業し、160年あまりの歴史を誇る「廣榮堂(こうえいどう)」。今や、岡山名物となった「きびだんご」を生み出した老舗店です。創業以来、変わらぬ味のきびだんごは、生地に上質な餅米とキビを練り込んだ、風味豊かな優しい味わい。1口サイズと食べやすく、桃太郎と鬼の可愛いパッケージもお土産に喜ばれますね。

取扱店 廣榮堂 さんすて岡山店(さんすて岡山南館2F)
商品 元祖吉備団子(きびだんご):(税込)432円(10個入)、 (税込)1,350円(3種セット詰め合わせ)
HP 廣榮堂(こうえいどう)

 

3. 古見屋羊羹(こみやようかん) 「高瀬舟羊羹」

photo by komiya-yokan.co.jp

「古見屋羊羹(こみやようかん)」は、明和元年(1764)創業の岡山を代表する老舗和菓子店。約250年間、代々受け継がれてきた伝統と技術で作られる和菓子は、長年、岡山県民に愛されてきました。看板商品の「高瀬舟羊羹」は、かつて物資輸送に使われていた木造の小型船「高瀬舟」をモチーフにした、1口サイズの羊羹。約2週間後に、表面がうっすら砂糖で固まってきたら食べ頃です。

取扱店 JR岡山駅構内おみやげ街道ほか
商品 高瀬舟羊羹: (税込)840円(15個入)、(税込)1,400円(24個入)
HP 古見屋羊羹

 

4. 金萬堂本舗(きんまんどうほんぽ) 「きび田楽」

20160509-701-13-okayama-station-omiyagephoto by okayamaeki-sc.jp

「きび田楽」は、爪楊枝を餅に刺し、田楽に見立てた餅菓子。香ばしく煎ったクルミを細かく刻んで生地に練り込み、きなこをまぶしてあります。個別包装なので、ばらまき用のお土産としても、おススメです。

取扱店 金萬堂本舗 さんすて岡山店(さんすて岡山南館2F)
商品 きび田楽:(税込)720円(18個入)、(税込)1,193円(30個入)
HP 金萬堂本舗(きんまんどうほんぽ)
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る