海外の世界遺産ランキング!実際に行って良かった第1位は?

0

旅行予約サイト「楽天トラベル」が、実際に世界遺産がある観光地に訪れた人が選んだ「本当に行ってよかった海外の世界遺産ランキングTOP20」を発表しました。第1位に輝いたのはどこでしょうか!

10位:フィレンツェ歴史地区/イタリア

20160311-667-19photo by flickr/Richard Cassan

20160311-667-20photo by flickr/Frans de Wit

歴史的な町並みが広範囲かつ集中的に保存されているイタリアの「フィレンツェ歴史地区」。街には、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やサンタ・クローチェ教会、ウッフィッツィ美術館、ピッティ宮殿などの歴史的建造物、ボッティチェッリやミケランジェロなどの著名な芸術家の作品が残り、「街全体が美術館」と称されています。

9位:カナディアン・ロッキー山脈自然公園群/カナダ

20160311-667-17photo by flickr/Ada Be

20140625-34-10photo by flickr/Steve.Jackson

カナダ西部、アルバータ州とブリティッシュコロンビア州にまたがる「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」。約24000平方キロメートルという広大な総面積を誇り、4つの国立公園と隣接する3つの州立公園によって構成されています。多くの野生動物が生息し、3000m級の山々、渓谷、氷河、湖、針葉樹林など手付かずの大自然が残り、無数の絶景スポットが点在しています。

8位:モン-サン-ミシェルとその湾/フランス

20160311-667-15photo by lamaisondelafontaine.com

20160311-667-16photo by flickr/El Guanche

ノルマンディー地方南部に位置するサン・マロ湾に浮かぶ小島で修道院が築かれている巡礼地。 708年、司教オベールが、大天使ミカエルのお告げにより、海に浮かぶ岩山に修道院を建立したのが始まりとされています。ヨーロッパ最大の干満差が観測され、かつては満潮になると島への道が消え孤島となっていましたが、現在は橋で結ばれ、潮の満ち引きに関係なく訪れることができます。

7位:マチュ・ピチュの歴史保護区/ペルー

20160311-667-13photo by flickr/Halofan

20140916-128-29photo by flickr/archer10 (Dennis)

ペルーのウルバンバ渓谷の山間、標高約2400mの絶壁にそびえ立つインカ帝国の古代都市「マチュピチュ」。1911年にアメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムによって発見されましたが、なぜここに都市が築かれたかは今だ謎のまま。麓からは仰ぎ見ることができないことから「天空都市」といわれています。

6位:シドニー・オペラハウス/オーストラリア

20160311-667-11photo by flickr/James Cridland

20160311-667-12photo by flickr/Crouchy69

オーストラリアのシンボル的建造物「シドニー・オペラハウス」。白い貝殻を連想させる独特の曲線を描く屋根が特徴的で、1959年から14年もの歳月をかけて建設されました。年間1500を超えるコンサートやオペラなどが催されている世界有数のコンサートホール、劇場でもあります。毎年5月末に開催される、南半球最大の光と音の祭典「ビビッド・シドニー」では、オペラハウスの屋根が、最新技術を使ったライトアップで壮大な芸術作品に創り上げられます。

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る