美味い佐賀名物を食べてって!佐賀県の名物ご当地グルメ15選

0

佐賀の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?佐賀には、有明海特有の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、佐賀県民にお馴染みのお菓子など、佐賀自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、佐賀県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

佐賀名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 呼子のイカ活きづくり

photo by 佐賀県観光連盟

「呼子のイカ活きづくり」は、玄界灘の荒波の中で育った新鮮なイカ(ケンサキイカ)を、活きづくりにして提供される呼子町の名物料理。いけすから取り出した鮮度抜群の天然イカを、素早く調理し、皿に盛りつけるため、イカの透き通った身の美しさが特徴です。コリコリとした歯ごたえと、イカの甘み・旨味が最高で、「イカ活きづくり」を求めて、毎年、県内外から多くの観光客が呼子町を訪れています。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、須古寿しとともに紹介されている佐賀を代表する郷土料理です。

photo by 佐賀県観光連盟

取扱店 河太郎 呼子店(呼子町)、いか本家 いそ浜別館(呼子町)、海中魚処 萬坊(呼子町)ほか
HP 河太郎 呼子店いか本家 いそ浜別館海中魚処 萬坊

 

2. 須古寿し

photo by 佐賀県観光連盟

「須古寿し」は、ムツゴロウなどの有明海の海の幸や野菜を、すし飯の上に華やかに盛り付けた白石町の郷土料理。「もろぶた」と呼ばれる長方形の木箱にすし飯を入れ、有明海産のムツゴロウの蒲焼、甘く煮付けたシイタケやゴボウ、卵などの具材をトッピングします。約500年ほど前の藩政時代に、領民たちが、領主への感謝の気持ちを込めて献上したのが始まりと言われ、現在でも白石町須古地区では、祭りや祝い事の際には欠かせない伝統料理です。

photo by 佐賀県観光連盟

取扱店 副島鮮魚店(白石町)、角屋商店(白石町)ほか
HP 副島鮮魚店角屋商店

 

3. 呉豆腐(ごどうふ)

photo by 佐賀県観光連盟

「呉豆腐(ごどうふ)」は、焼き物の町として知られる佐賀・有田町に伝わる郷土料理。にがりを使って固める一般の豆腐と違い、葛(くず)やデンプンを用いて作られます。滑らかな舌触りともっちりとした食感が特徴のお豆腐です。ゴマ豆腐やプリンのような食感のお豆腐です。九州特有の甘みのあるお醤油やゴマダレなどをかけていただきます。

取扱店 高島豆腐店(有田町)、とうふのたかはし(有田町)ほか
HP 高島豆腐店とうふのたかはし

 

4. 有明海料理

photo by 佐賀県観光連盟

日本最大規模を誇る有明海の干潟は、全国的にも珍しい希少な生物の宝庫!有明海名物のムツゴロウや、見た目はグロテスクなワラスボなど、有明海特有の珍魚を使用した料理が古くから食されてきました。佐賀市内の飲食店や旅館では、刺身や煮付け、汁物など、様々な有明海料理が楽しめます。

photo by 佐賀県観光連盟

取扱店 むつごろう亭 丸善(佐賀市)、嬉乃すし(佐賀市)、蔵(佐賀市)ほか
HP むつごろう亭 丸善嬉乃すし
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る