絵具を溶かしたような色!?カラフルなサンフランシスコ湾の塩田。

0

サンフランシスコ湾

長さ約80km、最大幅が約16kmにも及ぶアメリカ西海岸に位置するサンフランシスコ湾。サンフランシスコ湾の南部にある旧塩水蒸発池(塩田)では、絵具を溶かしたようなカラフルな光景が広がっています。

20140901-114-12©flickr/sjrankin

20140901-114-5©flickr/caribb

なぜ、こんなカラフルなの?

原因は、バクテリアや藻。塩分濃度の違いによって、バクテリアや藻が、それぞれカラフルな色合いに染まるそうです。塩分濃度が濃くなるに従い緑色から赤色へ変化するそうです。それにしても鮮やかです。

20140901-114-6©flickr/dsearls

20140901-114-4©flickr/Jesse Wagstaff

20140901-114-1©flickr/dsearls

20140901-114-2©flickr/dsearls

20140901-114-8©flickr/misterbisson

20140901-114-9©flickr/misterbisson

現在は

20140901-114-13©South Bay Salt Pond Restoration Project

湾の自然を昔の状態に戻そうという運動が広まり、国や州などにより塩田は買い取られ、湾南塩田復活プロジェクトが立ち上げられています。全体が昔のような湿地に戻るまでにはまだまだ時間がかかるそうです。

プロジェクトの様子はSouth Bay Salt Pond Restoration Projectのホームページで確認できるようです。

via:Jun Natsuki essay site

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る