もらって嬉しい!滋賀県でおすすめの人気お土産15選

0

5. 三井寺力餅本家 「三井寺力餅」

photo by e510.jp/tikaramoti

「三井寺力餅本家」は、明治2年(1869年)創業の老舗和菓子店。「三井寺力餅」は、武蔵坊弁慶が三井寺の霊鐘を比叡山まで引きずったとされる逸話にちなんで作られた、大津名物のお菓子です。食べやすいサイズのお餅を秘伝の蜜ときなこで味付けしたお団子で、大津土産の定番としても知られています。

photo by e510.jp/tikaramoti

取扱店 本店、三井寺風月堂売店、琵琶湖ホテル・大津プリンスホテル売店、名神草津PA(上下線)、名神大津SA(下り線)ほか
商品 三井寺力餅: (税込)770円(7本入)、(税込)1,080円(10本入)
HP 三井寺力餅本家

 

6. 和た与 「でっち羊羹」

photo by watayo.com

「和た与」は、近江の地で創業して150年余りの老舗和菓子店。近江銘菓「でっち羊羹」と呼ばれる蒸し羊羹を生んだ名店です。海のない近江で、寒天の代わりに小麦粉を使用しているのが特徴で、こし餡と砂糖、小麦粉を練り合わせて天然の竹皮に手包みし、じっくり蒸して仕上げています。近江商人からも愛された伝統の銘菓を、滋賀土産にいかがでしょうか?

photo by watayo.com

取扱店 (和た与)滋賀県近江八幡市玉木町2-3
電話 (和た与)0748-32-2610
営業時間 (和た与)9:00~18:00 火曜日(祝日の場合は営業)
商品 でっち羊羹: (税込)972円(3本包み)、(税込)1,620円(5本包み)
HP 和た与 

 

お土産にもおすすめ!滋賀県の名産品

7. つるやパン 「サラダパン」

photo by tsuruyapan.jp

「サラダパン」は、滋賀県のご当地パンとして数々のメディアに登場している名物パンです。細く刻んだたくあんをマヨネーズで和えたものをコッペパンにサンドしたもので、発売から65年以上も地元で愛され続けています。コリコリとした食感のたくあんとマヨネーズの相性が意外なほど絶妙で、何度でも食べたくなる味わい。つるやパン本店のほか、滋賀県内のスーパー、サービスエリアなどで販売しています。

取扱店 本店(長浜市)、滋賀県内のイオン、マックスバリュー、フレンドマート、アル・プラザ、平和堂などのスーパー(一部店舗除く)、近鉄百貨店草津店、賤ヶ岳SA(上下線)ほか
商品 サラダパン: (税込)145円(1個)
HP つるやパン 

 

8. 乃利松食品 吉井商店 「八幡赤こんにゃく」

photo by norimatu.com

近江名物の「赤こんにゃく」は、インパクト抜群の赤色のこんにゃく。なぜ、こんにゃくが赤くなったのかは、派手好きの織田信長がこんにゃくを赤色に染めさせたという説や近江商人のアイデアによるものなど諸説あるそう。三二酸化鉄と呼ばれる着色料で赤色をつけているため、鉄分を多く含み、女性には嬉しいヘルシーな食品です。

取扱店 (乃利松食品 吉井商店)滋賀県近江八幡市為心町上21
商品 八幡赤こんにゃく
HP 乃利松食品 吉井商店

 

9. 麸惣(ふそう)製造所 「丁字麩(ちょうじふ)」

photo by facebook/tyoujihu

「丁字麩」は、豊臣秀吉の甥・豊臣秀次が行商に持ち運びしやすいよう、角型に成形するよう命じたとされる歴史あるお麩です。近江八幡市に伝わる名産品で、お麩の表面にある線が街並みの小路を示していることから「丁字麩」と呼ばれるようになったと言われています。「麸惣(ふそう)製造所」は、嘉永年間創業の丁字麩の老舗店です。近江の名水を用いて、創業以来の製法で伝統の味と技術を守り続けています。

photo by facebook/tyoujihu

取扱店 (麸惣(ふそう)製造所)滋賀県近江八幡市博労町元23、近江八幡市内売店、土産店ほか
電話 (麸惣(ふそう)製造所)0748-32-2636
商品 丁字麩(ちょうじふ): (税込)270円(1本入)
HP 麸惣(ふそう)製造所
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る