滋賀の旨い名物が食べたい!滋賀県の名物ご当地グルメ13選

0

滋賀の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?滋賀には、琵琶湖の湖魚を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、滋賀県民にお馴染みのお菓子など、滋賀自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、滋賀県の名物ご当地グルメを13個、ご紹介します。

滋賀名物を食べる!伝統の郷土料理

1. ふなずし

photo by 滋賀県広報課

「ふなずし」は、卵巣以外の内臓を除いた塩漬けのフナを、米飯に漬けて発酵させた滋賀の伝統食。すしの原型になったと言われる「なれずし」の一種で、琵琶湖で獲れるニゴロブナを主に使用して作られます。ふなずしの歴史は古く、今から1200年以上前の文献にも登場し、近江国の名物として貢納されていたと記されています。独特な香りが特徴の琵琶湖で生まれた珍味です。

取扱店 湖里庵(高島市)、ちか定(大津市)、しづか楼(大津市)ほか
HP 湖里庵ちか定しづか楼

 

2. 鴨鍋

photo by びわこビジターズビューロー

冬になると、シベリアから琵琶湖に飛来するマガモ。この身の締まったマガモを使用し、野菜や豆腐などと煮込んだ伝統鍋が「鴨鍋」です。もともと、琵琶湖の魚用に仕掛けられた網にかかった鴨を鍋用に使っていましたが、現在は、冬季のみ鴨猟が許可されており、11月から3月まで鴨料理を堪能することができます。滋賀・湖北地方の冬の風物詩で、農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、ふなずしとともに紹介されている滋賀を代表する郷土料理でもあります。

取扱店 千茂登(長浜市)、住茂登(すみもと)(長浜市)、しづか楼(大津市)ほか
HP 千茂登住茂登しづか楼 

 

3. 焼鯖そうめん

photo by 滋賀県広報課

「焼鯖そうめん」は、焼いたサバを甘辛く煮込み、その煮汁でそうめんを茹でた郷土料理です。農家に嫁いだ娘を案じて、親が焼き鯖を送る「五月見舞い」という風習がある湖北地方・長浜で、おもてなし料理の定番として作られてきたもの。ご飯のおかずとして食べるのが一般的で、サバの旨味が染み込んだ甘辛い味付けがご飯と相性抜群です!

取扱店 翼果楼(よかろう)(長浜市)、夢の小路 良太郎(長浜市)、成駒家(長浜市)ほか
HP 翼果楼成駒家

 

4. 近江牛

photo by 滋賀県広報課

滋賀の名物グルメの中でも外せないのが「近江牛」ですね!食肉禁止だった江戸時代に、唯一、彦根藩一帯のみ、食肉加工が許可されていたため、400年の歴史を持つ和牛です。キメの細かい肉質と美しいサシの入り方が特徴で、とろけるような味わいがたまらない滋賀が誇るブランド牛です。県内には、近江牛を専門に扱う老舗やリーズナブルな価格でいただけるお店まで、数多くあり、ステーキや焼き肉、すき焼きなど、様々な調理法で近江牛を堪能できます。

取扱店 れすとらん松喜屋 本店(大津市)、毛利志満(もりしま) 近江八幡本店(近江八幡市)、近江牛レストラン ティファニー(近江八幡市)ほか
HP れすとらん松喜屋毛利志満近江牛レストラン ティファニー
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る