島根の旨い名物が食べたい!島根県の名物ご当地グルメ12選

0

10. 浜田の赤天(あかてん)

photo by 島根県観光連盟

「赤天(あかてん)」とは、赤唐辛子を混ぜた魚のすり身に、パン粉をつけて揚げたもの。島根県西部に位置する港街・浜田市で親しまれてきたソウルフードです。戦後、ハムカツの代用になるものとして、蒲鉾店が考案したのがはじまり。ちょっとピリ辛なところが、お酒のお供に最高!唐辛子が魚の生臭さを消してくれ、浜田市では、お子様から大人まで、幅広く食されている人気の一品です。

取扱店 江木蒲鉾店(浜田市)、山本蒲鉾店(浜田市)ほか
HP 江木蒲鉾店山本蒲鉾店

 

島根県民にお馴染みの味!島根名物の郷土菓子・おやつ

11. 出雲ぜんざい

photo by 島根県観光連盟

島根県出雲市は、ぜんざい発祥の地と言われています。出雲地方では、旧暦の10月に全国から神々が集まる「神在祭(かみありさい)」が行われ、その際に「神在餅(じんざいもち)」が振舞われたと伝えられています。この神在餅がなまって、京都に伝わり「ぜんざい」と呼ばれるようになったのだとか。縁結びの神様で有名な出雲大社周辺では、縁結びスイーツとしてもぜんざいが人気!出雲大社参拝の折に、ぜんざいを食べて、恋愛運をアップさせたいものですね!

取扱店 出雲ぜんざい餅(出雲市)、日本ぜんざい学会壱号店(出雲市)、くつろぎ和かふぇ 甘右衛門(出雲市)ほか
HP 出雲ぜんざい餅日本ぜんざい学会壱号店くつろぎ和かふぇ 甘右衛門

 

12. 源氏巻

photo by 島根県観光連盟

「源氏巻」は、薄く焼き上げたカステラ生地で、餡を包み込んだ棹菓子。江戸・元禄年間に、吉良上野介から愚弄された、津和野藩主・亀井茲親(これちか)公の危機を救うため、家老の多胡真蔭が、「小判を包んだような菓子」を渡して吉良上野介の機嫌をとり、藩の騒動を事前に食い止めました。そのお菓子が源氏巻の原型となっており、藩の危機を救った縁起の良いお菓子として、江戸時代から長く親しまれてきた津和野町を代表する銘菓です。

取扱店 山田竹風軒本店(津和野町)、三松堂 本店(津和野町)、藤村山陰堂(津和野町)ほか
HP 山田竹風軒本店三松堂 本店藤村山陰堂
1 2 3

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る