東京の桜を楽しもう!東京のお花見スポット25選【第1弾】

0

6. 音無親水公園/北区

20150220-289-12

石神井川の旧流路に整備された「日本の都市公園100選」の一つに選ばれた公園で、音無橋の下流にかけてある水車や東屋が江戸風情を感じさせます。春になると公園いっぱいに桜が咲き誇り、多くの花見客でにぎわいを見せます。

名称 音無親水公園(おとなししんすいこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月中旬
住所 東京都北区王子本町1-1-1

 

7. 光が丘公園/練馬区

20150220-289-14©photolibrary.jp

6ヘクタールに及ぶ芝生広場やバードサンクチュアリ、デイキャンプやバーベキュー場を有する自然豊かな公園です。園内には芝生広場を中心に約1100本の桜が植えられており、特に赤塚口から約500m続く桜並木は見応え十分です。花見シーズンには多くの家族連れが芝生広場にシートを敷いて、ゆっくりと桜を楽しむ人気の花見スポットです。

名称 光が丘公園(ひかりがおかこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都練馬区光が丘2・4丁目、旭町2丁目、板橋区赤塚新町3丁目

 

8. 多摩川台公園/大田区

20150220-289-16©flickr/OiMax

多摩川沿いの丘陵地にあり、多摩川台古墳群をはじめ、水生植物園やあじさい園、運動場を有する約66000平方メートルの敷地面積を誇る広大な公園です。自由広場、運動広場、見晴らし台を中心に約300本の桜が咲き誇り、桜の名所の1つとなっています。

名称 多摩川台公園(たまがわだいこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都大田区田園調布1-63-1

 

9. 池上本門寺/大田区

20150220-289-18©flickr/kobakou

東京都大田区にある池上本門寺は弘安5年(1282年)に創建された日蓮宗の大本山です。境内には関東では珍しい品種であるササベザクラのほか総数100本の桜が植樹されており、春になると美しく咲く誇った桜が境内を包みこみます。国の重要文化財である五重塔と桜の景観は特に見事です。夜は五重の塔がライトアップされ、夜空に浮かび上がる姿は幻想的な美しさです。

名称 池上本門寺(いけがみほんもんじ)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都大田区池上1-1-1

 

10. 日比谷公園/千代田区

20150220-289-20

日比谷公園は日本初の洋風近代式公園として整備され、明治36年(1903年)に開園しました。都会の中心にありながら、園内には四季折々の季節の花があふれ、都会のオアシスとして親しまれています。見どころは雲形池と鶴の噴水周辺で、華やかに咲き誇る桜が水面に映える風景は特に見事です。

名称 日比谷公園(ひびやこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都千代田区日比谷公園1-6

 

11. 靖国神社/千代田区

20150220-289-22©足成

境内にはソメイヨシノやヤマザクラを中心に約600本の桜が植えられており、桜の季節になると、満開の桜の木の下で夜桜能や大相撲が奉納されます。開花期間中は千代田のさくらまつりが行われ、多くの露店が並び、様々なイベントが行われます。境内にあるソメイヨシノは気象庁が東京都の桜の開花を宣言する際の標準木となっています。

名称 靖国神社(やすくにじんじゃ)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都千代田区九段北3-1-1
時間 6時~18時
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る