東京の桜を楽しもう!東京のお花見スポット25選【第2弾】

0

12. 浜離宮恩賜庭園/中央区

20150220-289-23©sozai-free.com

浜離宮恩賜庭園は、徳川将軍家ゆかりの「浜御殿」と呼ばれる南庭と明治時代以降に造られた北庭に大別される庭園で、国の特別名勝及び特別史跡に指定されています。南庭は江戸の代表的な大名庭園で、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変える「潮入の池」と二つの鴨場があり、三百年の松をはじめとする老木や大木も多い。園内には100本あまりの桜が植樹されており、ソメイヨシノや八重桜の開花に合わせて、開園時間の延長やライトアップが行われます。潮入の池周辺の桜は池の上までせり出すように枝を広げ、水面によく映え、息を飲むような美しさです。

名称 浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)
見頃 例年3月下旬~4月下旬
住所 東京都中央区浜離宮庭園1-1
時間 9時~18時
料金 大人:300円、小・中学生以下:無料

 

13. 東京ミッドタウン/港区

20160212-644-1©Tokyo Midtown Management

ミッドタウン・ガーデンテラス前のさくら通りには約150本の桜が植えられており、桜の季節には桜のトンネルが出現します。夜は桜がライトアップされ、都会の夜に咲く夜桜が楽しめます。開花前はピンク色でライトアップして一足早く桜が咲いているように演出し、開花後は白いライトで桜を照らし、幻想的な空間を作り上げます。

名称 東京ミッドタウン(とうきょうみっどたうん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都港区赤坂9-7-1他

 

14. アークヒルズ/港区

20150220-289-27

アークヒルズ外周沿いの桜坂とスペイン坂には樹齢20年を超える桜の古木が約150本並んでおり、桜のシーズンになると全長700mにも及ぶ桜のトンネルを作り上げます。開花に合わせて22時30分までライトアップが行われ、ロマンチックな都会の夜桜を十分に堪能することができます。

名称 アークヒルズ(あーくひるず)
見頃 例年3月下旬~4月中旬
住所 東京都港区赤坂1-12-32 アークヒルズアーク・カラヤン広場ほか

 

15. 上野恩賜公園/台東区

20150220-289-29©足成

「上野の山」が桜の名所となったのは江戸時代からで、寛永寺創建後に天海僧正が桜の木を植樹したのが始まりだと言われています。総面積53万平方メートルの広大な園内にはソメイヨシノを中心に、ヤマザクラ、カンヒザクラなど約1200本もの桜が植えられ、花見シーズンには毎年200万人以上の花見客が訪れます。夜には約1100個のボンボリが灯され、夜桜見物や宴会を楽しむ人々で賑わいます。

名称 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都台東区上野公園5-20
時間 5時~23時

 

16. 舎人公園/足立区

20150220-289-31

舎人公園はレーガン大統領夫人から贈呈されたレーガン桜や千本桜で知られる桜の名所です。桜の花が見頃になる時期に行われる春の花火と千本桜まつりでは約3000発の花火が夜空を彩り、夜桜と花火を楽しむ人々で賑わいます。

名称 舎人公園(とねりこうえん)
見頃 例年3月中旬~4月中旬
住所 東京都足立区舎人公園、西伊興町ほか

 

17. 江戸川公園/文京区

20150220-289-33©sozai-free.com

神田川沿いに桜並木が続き、約150本の桜が川にせり出すように咲き誇ります。桜を眺めながら散策できる遊歩道やベンチが整備されており、花見シーズンには河岸に連なる桜のトンネルを歩く人々で賑わいます。

名称 江戸川公園(えどがわこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都文京区関口2-1
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る