鳥取の旨い名物が食べたい!鳥取県の名物ご当地グルメ15選

0

鳥取の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?鳥取には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、鳥取県民にお馴染みのスイーツなど、鳥取自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、鳥取県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

鳥取名物を食べる!伝統の郷土料理

1. かに汁

photo by 鳥取県広報連絡協議会

「かに汁」は、親ガニ(松葉ガニのメス)と短冊切りにした大根を煮て、味噌で味付けた汁物。松葉ガニのメスは、比較的安価で手に入るため、カニ汁は鳥取の家庭料理として昔から親しまれていきました。松葉ガニのメスを使うことで、外子(腹に抱えた卵)と内子(甲羅側の卵)の旨味が汁に溶け出し、絶妙な美味しさに。親ガニが獲れる11月から1月まで楽しめる鳥取の冬の味覚の代表格!農林水産省が選定した「郷土料理百選」に選ばれている鳥取を代表する郷土料理でもあります。

取扱店 味暦あんべ(鳥取市)、魚山亭(境港市)、お食事処 かいがん(境港市)ほか
HP 魚山亭お食事処 かいがん

 

2. シロイカ料理

photo by pref.tottori.lg.jp

シロイカとは、一本釣りで釣りあげられるケンサキイカのこと。鳥取では、初夏から晩秋にかけて夜間にシロイカ漁が行われ、イカ釣り船の漁火が夜の日本海に浮ぶ幻想的な美しさは、夏の風物詩となっています。鳥取沖で獲れるシロイカの最大の特徴は、甘みの強さ。新鮮なシロイカは、内臓が見えるくらい透明度が高いのだそう。刺身はもちろん、煮付けや炒め物など、様々な調理法で楽しめる鳥取の夏を代表する味覚です。

取扱店 旬海料理 ぎんりん(鳥取市)、天然海水いけす 海陽亭(鳥取市)、砂丘会館(鳥取市)ほか
HP 旬海料理 ぎんりん天然海水いけす 海陽亭砂丘会館

 

3. ののこめし(いただき)

photo by tottori-guide.jp

「ののこめし」とは、油揚げの中に、生米・野菜を詰め、だし汁で炊いた鳥取県西部・弓ヶ浜エリア(米子・境港)の郷土料理。この地方では、昔、浜綿の入ったはんてんを布子(ぬのこ)と呼び、その形が似ていることから「ぬのこ」がなまって、「ののこめし」と呼ばれるようになったと言われています。別名、「いただき」とも言われ、運動会や行楽のお弁当に作られるなど、懐かしい故郷の味として、広く親しまれています。

取扱店 境港市内のスーパーほか
備考 米子いただき・がいな隊

 

4. 大山(だいせん)おこわ

photo by 鳥取県広報連絡協議会

「大山(だいせん)おこわ」は、もち米に、鶏肉、ゴボウ、人参、椎茸などを入れ、醤油風味のダシで炊いたおこわ。名峰・大山(だいせん)山麓の山の幸をふんだんに使用した県西部地区の郷土料理です。その昔、僧兵が戦場へ向かう際に、戦勝を祈願して、山鳥や山草などを入れて米飯を炊き出したのが始まりと伝えられています。お祝いや祭事の際に、各家庭で作られてきた伝統料理です。

取扱店 まつおか食堂(伯耆町)、神の湯亭(大山町)ほか
HP まつおか食堂
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る