富山の旨い名物が食べたい!富山県の名物ご当地グルメ16選

0

富山の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?富山には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、富山県民にお馴染みのお菓子など、富山自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、富山県の名物ご当地グルメを16個、ご紹介します。

富山名物を食べる!伝統の郷土料理

1. ます寿司

photo by とやま観光推進機構

「ます寿司」は、木製のわっぱに笹の葉を敷き、酢飯と塩漬けにしたマスの切り身を並べて笹で包み、重石して作った押し寿司。江戸時代に、富山藩の料理人が三代目藩主・前田利興公に鮎で作った押し寿司を献上したのが始まりと言われています。その後、富山名物として、徳川8代目将軍・吉宗公に献上したところ、大変喜ばれたと伝えられています。後に、神通川で獲れるサクラマスを使用した「ます寿司」が作られるようになり、越中富山名物として広まりました。現在は、富山市内だけでも10店舗以上の専門店が伝統の味を今に伝えています。

取扱店 ますのすし本舗 源(富山市)、青山総本舗(富山市)、高田屋(富山市)ほか
HP ますのすし本舗 源青山総本舗高田屋
備考 富山ます寿し協同組合

 

2. 氷見の寒ブリ料理

photo by とやま観光推進機構

富山の冬の風物詩といえば、「氷見の寒ブリ」です!秋から冬にかけて、産卵を控えたブリが富山湾に南下し、氷見沖で能登半島にぶつかるため、氷見で獲れる寒ブリは、脂ののりも良く、身の締まった最高の状態になります。刺身はもちろん、しゃぶしゃぶやブリ大根など、さまざまな調理法で楽しめる富山グルメの代表格です。

photo by とやま観光推進機構

取扱店 ばんや料理 ひみ浜(氷見市)、魚市場食堂(氷見市)、だい人(富山市)ほか
HP ばんや料理 ひみ浜魚市場食堂だい人

 

3. ホタルイカ料理

photo by とやま観光推進機構

富山の春の訪れを告げる味覚「ホタルイカ」。3月から5月になると、産卵期を迎えたホタルイカが富山湾沿岸に集まってきます。数百万匹ものホタルイカの大群が集まり、青白い光を放つ光景は、富山湾でしか見られない幻想的な絶景となっています。産卵期のホタルイカは、身が大きくふっくらとしており、漁場から漁港が近いことから、鮮度抜群!沖漬けや黒作り、ボイル、唐揚げなど、様々なホタルイカ料理が楽しめます。

photo by とやま観光推進機構

取扱店 ほたるいかミュージアム 光彩(滑川市)、海老源 海遊亭(滑川市)、割烹 あらき(滑川市)ほか
HP ほたるいかミュージアム 光彩海老源 海遊亭割烹 あらき
備考 富山県ほたるいか協会

 

4. シロエビ料理

photo by とやま観光推進機構

ピンク色に透き通った美しい姿が、「富山湾の宝石」とも称されるシロエビ。富山湾特有の「藍瓶(あいがめ)」と呼ばれる海底谷付近の水深約300mに生息。富山県でしか獲れない貴重なエビで、平成8年には、「富山県のさかな」にも選定されています。お刺身やお寿司はもちろん、天ぷらや唐揚げ、イタリアンやフレンチの食材としても使用されるなど、ジャンルを問わず楽しめる富山グルメの代表格です。

photo by とやま観光推進機構

取扱店 白えび亭(富山市)、酒菜工房 だい(富山市)、海鮮問屋 柿の匠(高岡市)ほか
HP 白えび亭酒菜工房 だい海鮮問屋 柿の匠
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る