トリップアドバイザー発表『世界の人気観光スポット2015』はココだ!

0

5位:サグラダ・ファミリア教会/スペイン

20150610-394-9©flickr/Rich B-S

20150610-394-10©wiki/Jiuguang Wang

バルセロナの建築家・アントニオ・ガウディが、生涯をかけて取り組んだ未完成の遺作として有名な教会です。アントニオ・ガウディの死後も、1世紀以上に渡り、何人もの建築家に引き継がれ、現在もまだ建築が進められています。

4位:シェイク・ザイード・グランドモスク/アラブ首長国連邦

20150610-394-7©flickr/MrT HK

20150610-394-8©flickr/Jakob Pfeiffer

2007年に建造された世界一豪華と称される「シェイク・ザイード・グランドモスク」。UAE建国の父と呼ばれる「シェイク・ザイード」が埋葬されているモスクで、随所に大理石や金、宝石、クリスタルが豪華に使用されています。

3位:タージ・マハル/インド

20150610-394-5©flickr/Fred Inklaar

20150610-394-6©flickr/Michael Foley

世界遺産の中でも常に高い人気を誇るインドの「タージマハル」。1654年にムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンによって建てられた白亜の霊廟で、世界一美しい霊廟と称されています。

2位:マチュ・ピチュ/ペルー

20150610-394-3©flickr/Halofan

20150610-394-4©flickr/archer10 (Dennis)

ペルーのウルバンバ渓谷の山間、標高約2400mの絶壁にそびえ立つインカ帝国の古代都市「マチュピチュ」。麓からは仰ぎ見ることができないことから「天空都市」といわれています。

1位:アンコールワット/カンボジア

20150610-394-1©flickr/Chi King

20150610-394-2©flickr/MikeBehnken

敷地は東西1.5km、南北1.3km、幅200mの堀で囲まれ、アンコール遺跡群の中でも最大の規模を誇る宗教寺院です。早朝の朝焼けに照らされたアンコールワットのシルエットが水面に映る光景は見事です。

第一位はカンボジアの世界遺産「アンコールワット」でしたね。どのスポットも納得のランクインです。

【参考】11位から25位は以下の通りです。

11位:エッフェル塔/フランス
12位:血の上の救世主教会/ロシア
13位:ノートルダム大聖堂/フランス
14位:アルハンブラ宮殿/スペイン
15位:アヤソフィア博物館(大聖堂) /トルコ
16位:カレル橋/チェコ
17位:慕田峪長城/中国
18位:リンカーン記念館とリフレクティング・プール/アメリカ
19位:ブルジュ・ハリファ/アラブ首長国連邦
20位:9/11メモリアル/アメリカ
21位:涅槃寺(ワット・ポー)/タイ
22位:チチェン・イッツァ/メキシコ
23位:シドニー・オペラハウス/オーストラリア
24位:ペトロナスツインタワー/マレーシア
25位:パナマ運河/パナマ

via:トリップアドバイザー

1 2

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る