もらって嬉しい!津山でおすすめの人気お土産5選

0

岡山県北部に位置する「津山市」。津山城の城下町として栄え、現在も、歴史ある建造物や風情溢れる街並みが魅力の人気観光地です。そんな津山市には、お土産に人気のお菓子や名物など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、津山市でおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

お土産の定番!津山で人気の和洋菓子

1. 旬菓匠くらや 「いちま」

photo by kuraya.jp

「旬菓匠くらや」は、創業140年をこえる老舗菓子店。看板商品の「いちま」は、やわらかいブッセ生地で、自慢の餡を包み込んだお菓子。津山市では、古くから、ひな人形とともに、市松人形を飾る風習があり、「いちまさん」と呼び、親しまれていました。「いちま」は、エクボが可愛い「いちまさん」にちなんで作られたお菓子で、発売から60年以上も愛され続けている津山銘菓。贈答品や津山土産に、喜ばれる一品です。

photo by kuraya.jp

取扱店 (本店)岡山県津山市沼77-7 (イーストランド店)岡山県津山市川崎147 マルイイーストランド店内
電話 (本店)0868-22-3181 (イーストランド店)0868-20-1750
営業時間 (本店)9:30~18:30 不定休 (イーストランド店)10:00~19:00 不定休
商品 いちま: (税込)135円(1個)、(税込)1,296円(8個入)(税込)1,890円(12個入)
HP 旬菓匠くらや

 

2. 大文字本舗 「十萬石(じゅうまんごく)」

photo by daimonji-honpo.com

「十萬石(じゅうまんごく)」は、自家製のこし餡をやわらかな求肥で包みこみ、薄い生地でサンドした津山を代表する銘菓。津山藩の石高にちなんで名づけられたもので、地元でも、長く親しまれているお菓子です。

取扱店 (小原店)岡山県津山市小原207‐6 (高野店)岡山県津山市高野本郷1256-14
電話 (小原店)0868-23-7266 (高野店)0868-26-8790
営業時間 (小原店)9:00~19:00 不定休 (高野店)9:30~18:00 火曜日定休(1~4月の間は不定休)
商品 十萬石(じゅうまんごく) 小: (税込)118円(1個)、(税込)1,328円(10個)、十萬石(じゅうまんごく) 大: (税込)176円(1個)、(税込)1,566円(8個入)
HP 大文字本舗

 

3. つゝや 「五大北天まんじゅう」

photo by tsuyamakan.jp

津山で古くから親しまれている菓子店「つゝや」。取り扱っているのは、津山名物「五大北天まんじゅう」のみ!「五大北天まんじゅう」は、黒糖風味の生地で、小豆餡を包み込んだお饅頭です。リーズナブルな価格も嬉しいところ!自家製餡は、甘さ控えめに仕上げているので、何個も食べられてしまう人気商品です。

取扱店 (つゝや)岡山県津山市小原82-4
電話 (つゝや)0868-22-6616
営業時間 (つゝや)8:00~18:00(売り切れ次第閉店) 水曜日定休
商品 五大北天まんじゅう: (税込)60円(1個)

 

お土産におすすめ!津山の名産品

4. 津山市手づくり加工研究会 「津山しょうがドレッシング」

photo by city.tsuyama.lg.jp

「津山しょうがドレッシング」は、津山特産の「しょうが」をたっぷり使用した手作りドレッシング。地元の高校生とコラボし、地場の農作物を使って加工・販売を行う女性グループが、何度も試作を重ねて作り上げた商品です。さっぱりとした口当たりのドレッシングで、サラダのほかに、カルパッチョやしゃぶしゃぶなどにも!色々使えて、便利なドレッシングです。

取扱店 津山市地産地消センター「サンヒルズ」、マルイ ノースランド店、マルイ 高屋店ほか
商品 津山しょうがドレッシング: (税込)302円(100ml)
HP 津山市手づくり加工研究会
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る