もらって嬉しい!輪島でおすすめの人気お土産5選

0

能登半島の北部、奥能登に位置する「石川県輪島市」。日本三大朝市の1つ「輪島朝市」や白米千枚田など、見どころが多い人気の観光地です。2015年には、NHK連続ドラマ小説「まれ」の舞台にもなりました。そんな輪島市には、人気のスイーツや銘菓、名産品など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、輪島で買えるおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

お土産に最適!輪島で人気のお菓子

1. 柚餅子総本家 中浦屋 「丸柚餅子(ゆべし)」

photo by yubeshi.jp

「丸柚餅子(ゆべし)」は、柚子を丸ごと1個使用した輪島を代表する銘菓です。まず、外皮から明かりが透けて見えるほど皮裏のワタをくり抜き、ゆず釜を作ります。そのゆず釜の中に、もち米、砂糖、醤油などを合わせた餅ダネを入れて蒸して乾燥。ゆずに餅ダネをなじませるため、蒸して・乾燥させる作業を約半年間行い、ゆずが飴色になるまで熟成させていきます。1年に1度しか製造できない奥能登が生んだ逸品です。

取扱店 (中浦屋 わいち本店)石川県輪島市河井町わいち4部97番地 (中浦屋 本町店)石川県輪島市河井町2部70番地 (中浦屋 朝市店)石川県輪島市河井町1部103番地3
電話 (中浦屋 わいち本店)0768-22-0131 (中浦屋 本町店)0768-22-0131 (中浦屋 朝市店)0768-22-0131
営業時間 (中浦屋 わいち本店)8:00~18:00 (中浦屋 本町店)8:00~17:00 (中浦屋 朝市店)8:00~13:00
商品 丸柚餅子(ゆべし): (税込)3,240円(特大サイズ1個)、(税込)2,700円(大サイズ1個)、(税込)2,376円(中サイズ1個)、(税込)2,052円(小サイズ1個)
HP 柚餅子総本家 中浦屋

 

2. ラ・レーヴ 「輪島プリン」

photo by facebook/wajimapudding

「ラ・レーヴ」は、柚餅子総本家 中浦屋が展開するプリン専門店。「輪島プリン」は、能登半島産の卵と牛乳をたっぷり使用したナチュラルプリンです。専用のオーブンとスチーマで、とろ~り滑らかな口当たりの濃厚プリンに仕上げたこだわりの商品。柚子とヨーグルトをブレンドした「ゆずぐるとプリン」や「白米千枚田」のお米を使用したユニークなプリンも。輪島の特産品を使用したオリジナリティ溢れるプリンをお土産にいかがでしょうか?

取扱店 石川県輪島市河井町2-70 輪島プリン ラ・レーヴ
電話 0768-22-0131
営業時間 9:00~17:00
商品 プレーン: (税込)380円、ゆずぐるとプリン: (税込)380円、、千枚田のお米プリン: (税込)390円
HP ラ・レーヴ

 

3. 饅頭処つかもと 「えがら饅頭」

photo by wajimanavi.jp

「饅頭処つかもと」は、朝市通りにあるお饅頭屋さん。看板商品の「えがら饅頭」は、クチナシで染めたもち米をまぶして蒸した黄色のお饅頭。栗のイガに似ていることから、イガがなまったのがその名の由来なんだとか。輪島朝市の観光のお供としても人気の一品です。

取扱店 石川県輪島市河井町1-90(朝市通り) 饅頭処つかもと
電話 0768-22-0672
営業時間 8:00~20:00 朝市休日、毎月10日と25日定休(1月1~3日)
商品 えがら饅頭: (税込)800円(5ケ入)、(税込)1,550円(10ケ入)
HP 饅頭処つかもと

 

お土産におすすめ!輪島の名産品

4. 谷川醸造 「いしる」

photo by sakurashoyu.com

「谷川醸造」は、輪島で醤油作りをはじめて100年余り、「サクラ醤油」という名で親しまれている醤油・味噌の醸造元です。「いしる」は、奥能登で古くから作られてきた魚醤で、日本三大魚醤の1つに数えられています。スルメイカの内臓などを塩漬けにして、1年から3年ほど、発酵・熟成させて作られています。炒め物やパスタ、カレーなどに隠し味として使うだけで、天然の旨味が加わり、いつもの料理がワンランク上の味わいに!奥能登のお土産におススメの商品です。

photo by sakurashoyu.com

取扱店 石川県輪島市釜屋谷町2-1-1 谷川醸造
電話 0768-22-0501
営業時間 8:00~17:00 日曜日・祝日定休(年末年始・お盆休みあり)
商品 いしる(イカ/いわし): (税込)324円(100ml)
HP 谷川醸造
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る