もらって嬉しい!弥彦神社でおすすめの人気お土産5選

0

新潟屈指のパワースポットとして知られる弥彦神社。新潟市の中心部から、車で約1時間ほどの場所に位置し、創建から約2400年以上の歴史を誇る越後一宮です。弥彦山を御神体山とし、古くから「おやひこさま」と呼ばれ、親しまれてきました。弥彦神社周辺の門前町には、お土産に人気のお菓子や弥彦名物など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、弥彦神社周辺でおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

1. 分水堂菓子舗 「白パンダ焼」

photo by tabelog.com

「分水堂菓子舗」は、弥彦駅から徒歩2~3分にあるパンダ焼きで有名なお店。テレビや雑誌などで何度も紹介され、平日でも行列ができる人気店です。看板商品の「白パンダ焼」は、米粉生地に、特製餡やクリームを入れ、可愛いパンダ型の焼き器で仕上げた一品。弥彦産枝豆(弥彦むすめ)を使用したずんだ餡入りのパンダ焼きは、2010年に開催された「ニッポン全国ご当地おやつランキング」で、見事グランプリを受賞した商品です。弥彦むすめ(ずんだ)餡をはじめ、定番の小豆餡、カスタードやチョコクリームのほか、季節限定の味も楽しめます。外側はぱりっと、内側はもっちもちの食感で、日によっては、個数制限がかかることもある人気商品です。

photo by tabelog.com

取扱店 (分水堂菓子舗)新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1041-1
電話 (分水堂菓子舗)0256-94-2282
営業時間 (分水堂菓子舗)9:00~16:00(仕込み材料なくなり次第終了) 第3水・木曜日定休
商品 白パンダ焼: (税込)150円(1個)~

 

2. 糸屋菓子店 「玉兎(たまうさぎ) めお兎(と)」

photo by itoya.stars.ne.jp

弥彦銘菓「玉兎(たまうさぎ)」は、可愛いうさぎをかたどった干菓子です。弥彦村には、かつて、弥彦山に住んでいたウサギ達が、里に下りてきて、田畑を荒らしていたところ、困っていた農民達を見かねて、弥彦の神様がウサギ達を諭したという伝説が語り継がれています。「玉兎(たまうさぎ)」は、その伝説にちなんで考案された銘菓で、ウサギ達が謝っている姿をモチーフに作られたんだとか。「玉兎(たまうさぎ) めお兎(と)」は、徳島県産和三盆糖で作られた、口どけの良い干菓子。糸屋菓子店では、餡入りのものや、玉兎の形のチョコレートなども販売されています。

photo by itoya.stars.ne.jp

取扱店 (糸屋菓子店)新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1281
電話 (糸屋菓子店)0256-94-2072
営業時間 (糸屋菓子店)9:00~17:00 不定休
商品 玉兎(たまうさぎ) めお兎(と): (税込)1,080円(24粒)、(税込)1,620円(40粒)
HP 糸屋菓子店 

 

3. 成沢商店 「カレー豆」

photo by e-yahiko.com

玉兎とならんで、弥彦の名物となっているのが、成沢商店の「カレー豆」です。「成沢商店」は、弥彦駅から弥彦神社へ向かう参宮通り沿いにある豆菓子専門店。看板商品の「カレー豆」は、そら豆を油で揚げ、カレー粉をまぶしたシンプルな一品。カレーのスパイシーな味わいの中に、甘みとお豆の美味しさが際立つ豆菓子で、1度食べたら止まらなくなる美味しさ!辛くないので、お子様のおやつやおつまみにも最適です!

取扱店 (成沢商店)新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1298
電話 (成沢商店)0256-94-2025
営業時間 (成沢商店)8:00~19:00
商品 カレー豆: (税込)500円(1袋)

 

4. 三笠屋製菓 「きんぴら団子」

photo by mikasayaseika.com

「三笠屋製菓」は、弥彦駅から徒歩10分程、神社通り沿いにある和菓子店。温泉饅頭をはじめ、多彩なお饅頭を販売しています。1番人気の「きんぴら団子」は、甘じょっぱく煮たきんぴらごぼうを、もっちりとした団子生地で包みこんだもので、もともと、新潟・三条市周辺で、農作業の合間などに食されてきた郷土料理です。柔らかいお餅と、きんぴらごぼうのシャキシャキとした食感が楽しめる、米ところ新潟ならではの一品。お土産にいかがでしょうか?

取扱店 (三笠屋製菓)新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦1222
電話 (三笠屋製菓)0256-94-2157
営業時間 8:00~18:00 火曜日定休(年末年始・GW・彌彦菊祭り中などは営業)
商品 きんぴら団子: (税込)120円(1個)
HP 三笠屋製菓
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る