山形の旨い名物が食べたい!山形県の名物ご当地グルメ15選

0

山形の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?山形には、豊富な山の幸・海の幸を生かした郷土料理や、日本屈指のラーメン消費量を誇る山形のご当地ラーメン、山形県民にお馴染みのお菓子など、山形自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、山形県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

山形名物を食べる!伝統の郷土料理

1. いも煮

photo by 山形県

山形の秋の風物詩として知られる「いも煮」。里いも、牛肉、ねぎ、こんにゃくなどの具材を鍋で煮込んだ山形を代表する郷土料理です。芋煮の歴史は古く、誕生は今から350年程前の江戸・元禄時代に遡ります。当時、船頭たちが鍋を囲み、船着き場付近の名産であった里芋や積荷の棒ダラなどを煮込んで食べていたのがルーツだと言われています。棒ダラのかわりに牛肉を使い始めたのは昭和初期頃からなんだそう。地域によって、味付けが異なり、内陸地方では醤油味、庄内地方では味噌ベースの芋煮が作られています。毎年9月になると、山形市では「日本一の芋煮フェスティバル」が開催され、6mもの大鍋で作られた芋煮が振舞われるイベントが行われています。

取扱店 山形いも煮センター カワサキヤ(山形市)、米沢牛黄木 牛鍋おおき(米沢市)、いのこ家 山形田(山形市)ほか
HP 山形いも煮センター カワサキヤ米沢牛黄木 牛鍋おおきいのこ家 山形田

 

2. どんがら汁

photo by 山形県

「どんがら汁(寒ダラ汁)」は、庄内の冬の味覚「寒ダラ」を使った鍋料理。「どんがら」とは、「魚のあら」という意味で、身はもちろん、骨や内蔵も豪快に鍋に入れ、岩のりやネギなどの野菜とともに煮込んで作られます。白子や肝臓などを一緒に煮込むことで、旨味とコクが増し、深みのある味わいが楽しめます。現在でも、寒ダラが旬を迎える1月から2月にかけて家庭で作られている、庄内地方に伝わる郷土料理です。

取扱店 割烹 治郎兵衛(酒田市)、旬味 井筒(酒田市)、割烹 飯豊(山形市)ほか
HP 割烹 治郎兵衛旬味 井筒

 

3. 玉こんにゃく

photo by 山形県

「玉こんにゃく」とは、スルメを入れた醤油とだしでじっくり煮込んだ球状のこんにゃくのこと。「玉こん」の愛称で親しまれている山形のソウルフードで、こんにゃくを串に刺して、練りからしをつけて食べるのが一般的です。中国から「宝珠山立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)」(通称 山寺)に伝わったこんにゃくが、精進料理として食べられるようになり、次第に県内一帯に広がったと伝えられています。山寺の本殿へ行くには、1015段の階段を登らなくてはならないため、その前に玉こんにゃくを食べて力をつけるんだそう。山寺の「力こんにゃく」と呼ばれ、山寺名物となっています。

取扱店 丹野こんにゃく番所(上山市)、酒菜一(山形市)、山寺 門前売店(山形市)ほか
HP 丹野こんにゃく番所酒菜一

 

4. だし

photo by 山形県

「だし」とは、きゅうり、なす、みょうが、大葉などを細かく刻み、醤油などで味付けしたもの。山形県内陸部に伝わる夏を代表する郷土料理です。温かいご飯の上に乗せて食べるのが一般的ですが、豆腐や納豆、そうめんの薬味、調味料の1つなど、様々な食べ方が楽しめます。

取扱店 花膳(山形市)、山形長屋酒場(山形市)ほか
HP 花膳山形長屋酒場
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る