まるで天国のような幻の砂浜!与論島の『百合ヶ浜』

0

東洋に浮かぶ真珠「与論島(ヨロン島)」

鹿児島県、奄美群島の最南端に浮かぶ「与論島(ヨロン島)」。人口約5500人、珊瑚礁が隆起してできた周囲23kmほどの小さな島です。

20151209-579-4

与論島は、澄みきったコバルトブルーの海と珊瑚礁、白い砂浜で彩られ「東洋に浮かぶ真珠」とも称されている大変美しい島です。

20151209-579-12

20151209-579-3

幻の砂浜「百合ヶ浜」

与論島には絶景スポットや美しいビーチなど見どころがたくさんありますが、その中でも特におススメしたいスポットが「百合ヶ浜」です。

20151209-579-11

20151209-579-5

「百合ヶ浜」は、春から夏の大潮の干潮時のみに姿を現す砂だけの島。大金久海岸の沖合い1.5kmあたりに姿を現しますが、日によって現れる位置や大きさが違い、潮が満ちてくるとまた波の下に隠れてしまうため、幻の砂浜と呼ばれています。

20151209-579-10

20151209-579-2

周囲はキラキラと透明に光る海、波が作り出した芸術的な砂洲。美しいですね。

20151209-579-7

20151209-579-1

百合ヶ浜で年齢の数だけ「星の砂」を拾えば幸せになれるという言い伝えがあるそうなので、ぜひ探してみてください。

20151209-579-8

20151209-579-9

こちらは鹿児島県が公開している「百合ヶ浜」の動画。見惚れてしまいますよ。

いかがでしたか?「百合ヶ浜」本当に綺麗ですよね。与論島には百合ヶ浜の他にも絶景スポットや美しいビーチなど見どころが満載です。島を一周するのに車で約30分、自転車でも、起伏が多くてちょっとキツイですが4時間ほどで巡れますので、のんびりと島めぐりなんていかがでしょうか?

MEMO

名称 百合ヶ浜
住所 鹿児島県大島郡与論町大金久海岸沖
HP ヨロン島観光協会

 

写真提供:ヨロン島観光協会、与論町役場

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る