シェール川に浮かぶ白亜の城館。フランス屈指の名城『シュノンソー城』

0

シュノンソー城 (Château de Chenonceau)

フランス中部、ロワール渓谷に建つ「シュノンソー城」。世界遺産に登録されているロワール川に点在する古城の中でも屈指の名城と称されています。

20150226-292-1©flickr/sybarite48

20150226-292-3©flickr/Dean Ayres

広大な敷地の中に気品漂う白亜の城館が美しく佇み、六代にわたる城主がすべて女性であったことから別名「六人の女の城」とも呼ばれています。

20150226-292-7©flickr/revedavion.com

20150226-292-11©flickr/edwang

20150226-292-2©flickr/moutoons

美しい庭園

城を挟むようにして美しい2つのフランス式庭園があり、散策を楽しむことができます。マルクの塔側がカトリーヌ・ド・メディシス庭園、反対側がディアーヌ・ド・ポワティエ庭園です。

20150226-292-8©flickr/Guillaume Capron

20150226-292-4©flickr/WireLizard

20150226-292-12©flickr/Henk Bekker

20150226-292-5©flickr/WireLizard

城内に入ると

城内は一般に開放されており、装飾が施された豪華な寝室や礼拝堂、キッチン、貴重な美術品などを見学することができます。

20150226-292-15©flickr/Dennis Jarvis

20150226-292-9©flickr/bortescristian

20150226-292-14©flickr/juergen.mangelsdorf

20150226-292-16©flickr/¡Carlitos

MEMO

名称 シュノンソー城 (Château de Chenonceau)
時間 9時~19時30分(季節により異なる)
料金 一般:12.5ユーロ(オーディオガイド付きは17ユーロ)
HP Château de Chenonceau

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る