千葉の旨い名物が食べたい!千葉県の名物ご当地グルメ12選

0

千葉の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?千葉には、房総の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、千葉県民にお馴染みのお菓子など、千葉自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、千葉県の名物ご当地グルメを12個、ご紹介します。

千葉名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 太巻き寿司

photo by 南房総市

「太巻き寿司」は、海苔や卵、地元の食材などを使って、花や動物、蝶など、様々な絵柄を表現して作られる華やかな寿司料理。冠婚葬祭や人が集まる機会に、ご馳走として振舞われてきた千葉県を代表する郷土料理です。そのルーツは、諸説あるそうですが、「具を芯にして巻く」という技法が原点となっています。現在は、食育の一環として、この伝統技術が広く受け継がれています。

photo by 南房総市

取扱店 道の駅たけゆらの里おおたき(大多喜町)、道の駅 オライはすぬま(山武市)ほか
HP 道の駅たけゆらの里おおたき道の駅 オライはすぬま

 

2. うなぎ料理

photo by love-love-chiba.jp

江戸時代から成田山の参拝客をもてなしてきた名物のうなぎ料理。もともと、成田市の西部に位置する印旛沼でうなぎがよく獲れていたこともあり、成田詣の参拝客に、長旅の疲れを癒してもらいたいとの想いから提供が始まったと言われています。成田駅から成田山新勝寺までの参道には、老舗の名店から、うなぎを提供する旅館など、うなぎ料理を提供するお店が多数、軒を連ねています。

取扱店 駿河屋(成田市)、近江屋(成田市)、川豊本店(成田市)ほか
HP 駿河屋近江屋川豊本店

 

3. 伊勢海老料理

photo by 千葉県観光物産協会

千葉県は、全国トップクラスの漁獲量を誇る伊勢海老の産地です。特に、大原港から勝浦付近の外房地域で獲れる伊勢海老は、「外房イセエビ」と呼ばれ、市場でも高く評価されています。「外房イセエビ」は、寒流と暖流が交じり合う好漁場で捕獲され、身が締まって、プリプリとした食感が特徴です。毎年9月から10月にかけて伊勢海老まつりも開催され、様々な伊勢海老料理が楽しめます。

photo by 千葉県観光物産協会

取扱店 かねなか(いすみ市)、海老屋(いすみ市)、いさばや(いすみ市)ほか
HP かねなか海老いさばや

 

4. なめろう

photo by 南房総市

「なめろう」は、アジやイワシなどの新鮮な魚に、味噌やネギ・しょうがなどの薬味を合わせ、包丁で粘りがでるまでたたいて作る房総沿岸部の郷土料理。漁師が、船の上で獲れたての魚に味噌を合わせ、細かくたたいて作った漁師めしがルーツと言われています。皿まで舐めてしまうほど美味しい料理であるから、その名が付いたんだそう。漁師が山へ出かける際、余ったなめろうをアワビの殻に入れ、山小屋で焼いて食べた「山家(さんが)焼き」も、千葉の郷土料理として広く食されています。

取扱店 寿司と地魚料理 大徳家(南房総市)、旬菜味処 浜の郷(南房総市)、旬膳 はな房(南房総市)ほか
HP 寿司と地魚料理 大徳家旬菜味処 浜の郷旬膳 はな房
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る