福井の旨い名物が食べたい!福井県の名物ご当地グルメ15選

0

福井の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?福井には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、福井県民にお馴染みのお菓子など、福井自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、福井県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

福井名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 越前おろしそば

photo by 福井県観光連盟

福井県は、そば栽培に適した緯度にあることや、昔ながらの石臼挽きで製粉するため、美味しいそばが食べられる日本有数のそばどころ。「越前おろしそば」は、冷たいそばに、辛味大根おろし・刻みネギ・かつお節を添え、だし汁をかけた料理。福井県嶺北(れいほく)地方で主に食されてきたお蕎麦で、近年では、長寿食としても注目されています。その昔、福井では、そばがきやそばだんごにして食べられてきましたが、今から400年前に、府中城主(現越前市)・本多富正公がそば師を伴って赴任したのが、「越前おろしそば」のはじまり。棒状に切ったそばと大根おろしの組み合わせが、庶民に浸透していったと伝えられています。大根おろしのピリリとする辛味が、そばの風味や味を引き立てる一品です。

取扱店 あみだそば 遊歩庵(福井市)、きょうや(福井市)、越前そばの里(越前市)ほか
HP あみだそば 遊歩庵きょうや越前そばの里

 

2. さばのへしこ

photo by 福井県観光連盟

「さばのへしこ」は、内臓を取り除いたさばをぬか漬けにした福井の伝統料理。若狭地方の方言で、漬け込むことを「へしこむ」ということから、その名がついたと言われています。江戸時代中期頃には作られていたといい、漁師町を中心に、保存食として食されてきました。近年、究極のスローフードとして注目される一品で、そのまま炙って食べたり、ぬかを洗い流してスライスしていただきます。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、越前おろしそばとともに紹介されている福井を代表する郷土料理でもあります。

photo by 福井県観光連盟

取扱店 割烹 間海(福井市)、レストランみはま(美浜町)、藤八(敦賀市)ほか

 

3. 越前ガニ料理

photo by 福井県観光連盟

福井の冬の味覚の王者とも称される「越前ガニ」。福井県で水揚げされるオスのズワイガニのことで、全国トップクラスのブランド力を誇るカニです。越前のズワイガニ漁の歴史は、国内で最も古く、江戸時代には、福井名物として幕府に献上されていたと伝えられています。越前ガニの甘く引き締まった肉質とコクのあるカニ味噌は、全国の食通をうならせる絶品!刺身や焼きガニはもちろん、茹でガニ、しゃぶしゃぶなど、調理法はさまざま。福井県内では、水揚げされたばかりの新鮮な越前ガニが堪能できます。

photo by 福井県観光連盟

取扱店 越前がに やまに水産(坂井市)、越前蟹の坊(坂井市)、滝の川 (越前町)ほか
HP 越前がに やまに水産越前蟹の坊滝の川

 

4. 若狭牛料理

photo by 福井県観光連盟

「若狭牛」は、明治時代から食されてきた、福井が誇るブランド牛です。福井県北部に位置する坂井市で多く飼育されており、サシ(霜降り)がきめ細かく、柔らかい肉質が特徴です。その品質の良さから、全国での知名度も高まっている和牛です。若狭牛のお肉の旨味と甘みを楽しむには、シンプルに焼いて食べたり、牛刺しやしゃぶしゃぶもおススメなんだそう。お肉好きの方には、必食のグルメです!

photo by 福井県観光連盟

取扱店 韓国厨房 セナラ(福井市)、いちずやまもと(福井市)、焼肉 ひまわり(福井市)ほか
HP 韓国厨房 セナラ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る