福島の旨い名物が食べたい!福島県の名物ご当地グルメ15選

0

福島の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?福島には、江戸時代から受け継がれてきた郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、福島県民にお馴染みのお菓子など、福島自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、福島県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

福島名物を食べる!伝統の郷土料理

1. こづゆ

photo by 福島県観光復興推進委員会

「こづゆ」は、干し貝柱で出汁をとり、豆麩・椎茸・人参・里いも・糸こんにゃくなどを入れ、醤油・塩などで味付けた薄味のお吸い物。江戸時代後期から明治初期にかけて、武家料理や庶民のご馳走として広まった会津地方に伝わる郷土料理です。手塩(てしお)皿と呼ばれる浅めの朱塗りの椀に盛られることから、「こじゅうのつゆ」と呼ばれ、それがなまって「こづゆ」となったんだとか。現在でも、正月や祝い事には欠かせない料理で、具材の数は、奇数で多いほど縁起が良いと言われています。

取扱店 大蔵屋(会津若松市)、割烹 萬花楼(会津若松市)、田季野(会津若松市)ほか
HP 大蔵屋割烹 萬花楼田季野

 

2. 高遠ねぎそば

photo by 福島県観光復興推進委員会

「高遠ねぎそば」は、長ねぎを箸のようにして食べるおそば。日光と会津をつなぐ会津西街道の宿場町として栄えた大内宿の名物料理です。かつて、信州高遠藩主だった保科正之が、会津藩主として会津の地へ移る際に、蕎麦を持ち込んだことから高遠そばと呼ばれるように。十割蕎麦に冷たいダシ汁、辛味大根の搾り汁を入れ、かつお節をかけていただきます。ねぎを薬味としてかじりながら食べるユニークなそば料理です。

取扱店 三澤屋(下郷町)、そば処 こめや(下郷町)、そば処 本家玉屋(下郷町)ほか
HP 三澤屋そば処 こめやそば処 本家玉屋

 

3. いかにんじん

photo by 福島県観光復興推進委員会

「いかにんじん」は、するめイカと人参を醤油・酒・みりんで味付けた漬物。冬の保存食として、福島市周辺の県北エリアで食されてきた家庭料理で、現在でも正月には欠かせない一品です。江戸時代末期に、梁川藩(現 福島県伊達市)と松前藩(現 北海道松前町)の国替えが行われた際に「いかにんじん」が、松前漬のルーツになったとも言われています。

取扱店 佐久商店(福島市)、福島りょうぜん漬(福島市)ほか
HP 佐久商店福島りょうぜん漬

 

4. 馬肉料理

photo by 福島県観光復興推進委員会

福島県は、全国の馬肉生産量・消費量ともに、熊本に次ぐ、第2位!会津で馬肉が食べられるようになったのは、戊辰戦争のころからと言われています。生で食べられるようになったのは最近で、会津を訪れた力道山が、持参していた辛し味噌を添えて食べたのが始まりなんだそう。会津の馬刺しは、サシがほとんど入っていない赤身肉が好まれて食されています。会津地方では、馬刺しを唐辛子とともにいただくのが一般的です。

取扱店 鶴我 会津本店(会津若松市)、桜鍋吉し多(会津若松市)、會津蔵武(会津若松市)ほか
HP 鶴我 会津本店會津蔵武
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る