もらって嬉しい!こんぴらさんでおすすめ人気お土産7選

0

古くから「さぬきのこんぴらさん」の愛称で親しまれている「香川県・金刀比羅宮(ことひらぐう)」。江戸時代には、お伊勢参りと並び、全国から参拝者が後を絶たなかったと伝えられています。本宮まで続く長い石段は、なんと785段!奥社までは、1368段にも及びます。本宮へ向かう参道沿いには、こんぴらさん名物のお菓子やスイーツなど、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、こんぴらさんでおすすめの人気お土産を7個、ご紹介します。

1. 池商店 「加美代飴(かみよあめ)」

photo by ikesyouten.com

「加美代飴(かみよあめ)」は、扇の形をした黄金色のべっこう飴。700年の歴史を持つこんぴら名物で、金刀比羅宮境内では、「五人百姓」の5店舗のみ、販売が許されています。原材料は、砂糖・水飴・柚子油とシンプル。黄金色の小さなハンマーが入っており、加美代飴(かみよあめ)をハンマーで割って食べます。こんぴらさんのイメージカラーである、黄色のパッケージがひと際目を引く、こんぴら名物です。

photo by ikesyouten.com

取扱店 (池商店)香川県仲多度郡琴平町933
電話 (池商店)0877-75-3694
営業時間 (池商店)9:00~17:00
商品 加美代飴(かみよあめ): (税込)500円(5枚入)、(税込)1,000円(11枚入)、(税込)1,500円(17枚入)
HP 池商店

 

2. こんぴら堂 「灸まん」

photo by kyuman.co.jp

「こんぴら堂」は、金刀比羅宮(ことひらぐう)参道の石段に本店をかまえる、創業200年を超える老舗。こんぴら名物「灸まん」は、コロンとしたフォルムが愛らしい、お灸の形をモチーフにしたお饅頭です。その昔、旅籠を営んでいた際、こんぴら参りの参拝客にお灸のサービスが好評だったことから、茶屋に転じた後、お灸の形のお饅頭を作り始めたんだそう。こんぴら参りによって、疲れた体を癒してくれる上品な味わいの一品です。

photo by kyuman.co.jp

取扱店 (灸まん本舗石段や本店)香川県仲多度郡琴平町798 (灸まん本舗石段や北店)香川県仲多度郡琴平町697-1
電話 (灸まん本舗石段や本店)0877-75-3220 (灸まん本舗石段や北店)0877-75-4117
商品 灸まん: (税込)815円(9個入)、(税込)1,080円(12個入)、(税込)1,330円(15個入)
HP こんぴら堂

 

3. こんぴらプリン 「こんぴらプリン」

photo by konpirapurin.com

「こんぴらプリン」は、2019年に参道沿いにオープンしたプリン専門店。こんぴらさんの「幸福の黄色いお守り」にちなみ、縁起の良い黄色がイメージカラーのお店です。昔懐かしい固めのプリンから、とろけるような舌触りのなめらかプリンまで、6種類以上とバラエティ豊かな品揃えとなっています。香川の伝統菓子「おいり」をモチーフにしたワンコが描かれた可愛い瓶入りのパッケージも!見た目も可愛いので、お土産に喜ばれそう!

取扱店 (こんぴらプリン)香川県仲多度郡琴平町716-5
電話 (こんぴらプリン) 0877-85-5560
営業時間 (こんぴらプリン)(平日)9:30~17:30 (土日祝)9:30~18:00
商品 こんぴらプリン: (税込)390円(1個)~
HP こんぴらプリン

 

4. 本家 船々堂 「船々せんべい」

photo by funefunedo.co.jp

「本家 船々堂」は、明治42年に創業。お店は、石段の22段目にあります。「船々せんべい」は、船の帆をかたどった瓦煎餅。新鮮な卵をたっぷり使用して、1枚1枚、丁寧に焼き上げています。古くから「海の神様」として親しまれてきた金刀比羅宮と、香川を代表する民謡「こんぴら船々」にちなんだお菓子です。「船々せんべい」の表面には、こんぴら船々の民謡の歌詞が焼き印されています。

photo by funefunedo.co.jp

取扱店 (本家 船々堂)香川県仲多度郡琴平町952
電話 (本家 船々堂)0877-73-2020
商品 船々せんべい: (税込)750円(24枚入)、(税込)1,200円(36枚入)、(税込)1,500円(48枚入)
HP 本家 船々堂
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る