もらって嬉しい!丸亀でおすすめの人気お土産5選

0

香川県中西部に位置する「丸亀市」。江戸時代には、丸亀城の城下町として栄え、今なお江戸時代の風情が色濃く残る人気の観光地です。そんな丸亀には、お土産に人気のお菓子や名物など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、丸亀市でおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

お土産の定番!丸亀で人気のお菓子

1. 御菓子司 寳月堂(ほうげつどう) 「丸亀うちわせんべい」

photo by hougetudou.com

「御菓子司 寳月堂(ほうげつどう)」は、城下町・丸亀の地で、創業100余年の歴史を誇る老舗店。本店は、JR丸亀駅から徒歩5~6分ほどの場所にあります。「丸亀うちわせんべい」は、日本のうちわ生産量の9割を占める丸亀市にちなんで作られたうちわ型のおせんべい。パッケージも可愛くて、お土産に人気の商品です。

photo by hougetudou.com

取扱店 (寳月堂本店)香川県丸亀市米屋町16
電話 (寳月堂本店)0877-23-0300
営業時間 (寳月堂本店)9:00~18:30(水曜日は17:00まで)
商品 丸亀うちわせんべい: (税込)81円(1枚)、(税込)1,080円(12枚入)、(税込)2,160円(22枚入)
HP 御菓子司 寳月堂(ほうげつどう)

 

2. きさらぎ 「讃州最中」

photo by kisaragi.co.jp

「きさらぎ」は、丸亀市に2店舗をかまえる和洋菓子店。代表銘菓「讃州最中」は、じっくり炊いたつぶ餡と柔らかい求肥を包み込んだ最中です。表面には、「讃州最中」と刻印された高級感溢れる銘菓で、発売から45年以上も親しまれています。ご進物や贈答品としても人気の一品です。

取扱店 (本店)香川県丸亀市飯山町東坂元107-3 (郡家店)香川県丸亀市川西町北550-1
電話 (本店)0877-98-3394 (郡家店)0877-25-5611
営業時間 (本店)9:00~19:00 (郡家店)9:00~19:00
商品 讃州最中: (税込)162円(1個)、(税込)1,669円(9個入)、(税込)2,840円(16個入)
HP きさらぎ

 

3. 丸亀百貨店 「丸亀天然おいり」

photo by maru-dept.jp

「おいり」とは、古くから西讃岐地方で受け継がれてきた嫁入り菓子。丸亀初代藩主・生駒親正公の姫君がお嫁入りの際、ある百姓が5色の餅花を煎って作ったあられを献上したのが始まりと言われています。色とりどりのまあるい餅菓子で、口に入れると、スッととけていく不思議なお菓子です。「丸亀天然おいり」は、老舗のおいり専門店「則包商店」と丸亀百貨店がコラボした商品。天然の着色料を使用し、黄、緑、紫、ピンク、赤の5色の可愛いおいりが、オシャレなイラストが描かれたパッケージに入っています。丸亀のお土産におススメの商品です。

photo by maru-dept.jp

取扱店 (丸亀城内観光案内所おみやげショップ)丸亀市一番丁城内
電話 (丸亀城内観光案内所おみやげショップ)0877-25-3881
営業時間 (丸亀城内観光案内所おみやげショップ)9:00~16:30
商品 丸亀天然おいり: (税込)515円
HP 丸亀百貨店

 

お土産におすすめ!丸亀の名産品

4. さぬきうどんの亀城庵 「さぬきうどん」

photo by facebook/kijoanudon

香川名物といえば、さぬきうどんですね!「さぬきうどんの亀城庵」は、丸亀城のお堀端にある工房で創業した麺製造メーカー。「さぬきうどん」は、数種類の小麦粉を独自ブレンドし、瀬戸内海の海水からとった塩とにがりを使用。長時間2段熟成や9段階で延圧などの独自製法によって、独特なモチモチ感とコシの強さを引き出しています。本場のさぬきうどんをお土産にいかがでしょうか?

取扱店 (丸亀直売店)香川県丸亀市城東町2-10-17
電話 (丸亀直売店)0877-22-6856
営業時間 (丸亀直売店)8:30~17:30
商品 さぬきうどん
HP さぬきうどんの亀城庵
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る