塩田温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット4選

0

兵庫県姫路市に湧く「塩田温泉(しおたおんせん)」。歴史は奈良時代にまで遡る古湯で、夢前川沿いの田園風景に包まれたのどかな温泉地。江戸時代には湯治場として栄え、効能豊かな薬湯は飲泉も可能な上質なお湯。国宝・姫路城まで車で30分ほどと、姫路観光の拠点としても人気の温泉地です。そんな塩田温泉には、日帰り入浴を楽しめる旅館も点在。そこで今回は、塩田温泉で人気の日帰り温泉スポットを4ヶ所、ご紹介します。

1. 里湯ひととき 夢乃井

photo by yumenoi.com

photo by yumenoi.com

photo by yumenoi.com

播磨地区最大級の温泉施設が自慢の「里湯ひととき 夢乃井」。インフィニティプールのような露天風呂をはじめ、大浴場、炭酸風呂、薬草風呂、マイクロバブル、寝湯など、多彩な湯船で湯あみを楽しむことができます。夢乃井では、日帰り入浴も歓迎で、立ち寄り湯はもちろん、新鮮な野菜を使用したランチコースと温泉入浴のセットや、0泊2食付きでのんびりと食事と温泉が楽しめるプランなど、多彩な日帰り温泉プランも用意しています。

名称 里湯ひととき 夢乃井(さとゆひとときゆめのい)
住所 兵庫県姫路市夢前町前之庄187
時間 大人:1650円、子ども:825円 ※その他、日帰り温泉プランあり
料金 11:00~21:00
風呂 露天風呂、内風呂
温泉 塩田温泉
電話 079-336-1000
HP 里湯ひととき 夢乃井
地図 Googleマップ

 

2. 湯元 上山旅館

photo by ueyama-ryokan.com

photo by ueyama-ryokan.com

photo by ueyama-ryokan.com

明治7年創業の老舗旅館「湯元 上山旅館」。江戸時代からの源泉を受け継ぐ塩田温泉の湯元。きめ細やかなサービス、季節の旬をふんだんに盛り込んだ会席料理など、すべてに評価の高い人気宿です。温泉は、庭園風呂、檜風呂の大浴場、野趣あふれる野天風呂で、300年受け継がれる塩田温泉の湯を。上山旅館では、入浴のみでの利用はできませんが、ミニ会席の昼食と温泉入浴のセットや、0泊2食付きのゆったりプランなど、日帰り温泉プランを利用できます。

名称 湯元 上山旅館(ゆもとうえやまりょかん)
住所 兵庫県姫路市夢前町塩田287
時間 日帰り温泉プランにより異なる
料金 日帰り温泉プランにより異なる
風呂 露天風呂、内風呂
温泉 塩田温泉
電話 079-336-0020
HP 湯元 上山旅館
地図 Googleマップ

 

3. ニューサンピア姫路ゆめさき

photo by facebook/nsyumesaki

photo by facebook/nsyumesaki

広大な里山に包まれたリゾートホテル「ニューサンピア姫路ゆめさき」。広大な敷地には、温泉施設をはじめ、温水プール、テニスコート、パターゴルフ、多目的グランドなど、充実の施設を誇ります。温泉は、日帰り入浴も歓迎で、岩囲みの露天風呂、広々とした大浴場で湯あみを楽しめます。日帰り入浴も歓迎で、屋内プールとのセット利用も可能です。

名称 ニューサンピア姫路ゆめさき(にゅーさんとぴあひめじゆめさき)
住所 兵庫県姫路市夢前町置本432-56
時間 10:00~20:00
料金 大人:700円(プール利用は1000円)、子ども:500円(プール利用は600円)
風呂 露天風呂、内風呂
温泉 塩田温泉
電話 079-335-5551
HP ニューサンピア姫路ゆめさき
地図 Googleマップ

 

4. 夢乃井庵 夕やけこやけ

photo by yuyake-koyake.com

photo by yuyake-koyake.com

photo by yuyake-koyake.com

大人のための隠れ宿「夢乃井庵 夕やけこやけ」。客室は全17室。全てに露天風呂、ベッドルームを備える贅沢な造りとなっています。温泉は、客室露天風呂と、大きなお釜風呂と露天風呂を備えた貸切風呂など、趣の異なる2つの貸切風呂でゆったりと湯あみを。夕やけこやけでは、入浴のみでの利用はできませんが、季節の素材を詰込んだ会席料理と客室休憩、貸切風呂利用がセットになった日帰り温泉プランを用意しています。

名称 夢乃井庵 夕やけこやけ(ゆめのいあん ゆうやけこやけ)
住所 兵庫県姫路市夢前町前之庄187
時間 日帰り温泉プランにより異なる
料金 日帰り温泉プランにより異なる
風呂 貸切風呂、客室風呂
温泉 塩田温泉
電話 079-336-0457
HP 夢乃井庵 夕やけこやけ
地図 Googleマップ

 

夢乃井庵 夕やけこやけ 日帰り温泉プラン

『夢乃井庵 夕やけこやけ 』⇒ じゃらん

 

 

 

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る